KEI YAMAMOTO がKEYになったKOTO

会社員している傍ら音楽制作のお仕事もしております。 たまにDj活動しております。 このブログは自分がとにかくKEYになったKOTO(気になった事)をどんどん書いていこうと思っております! その情報がみなさんの日々の生活に楽しいオプションとしてひとつでも増えたらいいなと思っております。ぜひとも今後とも応援をよろしくお願いします。

【映画】スパイダーマン ホームカミング ネタバレ・感想 今までの歴史と予告動画から見た推測。

f:id:keiyamamoto413:20170614225023j:plain

さてまだまだ情報はでていない状態でHPも予告動画だけですが、今年の夏は蜘蛛を見ると壁に飛び移りそうな季節になりそうですね!

現在予告動画が3本見れるようになっていますが、前回のブログで動画見れます。⇩

 

keiyamamoto413.hatenablog.com

 

その中でも二つ目の予告動画が気になって仕方ない!

見えた分だけ推測していこうと思います!

 

目次

 

スポンサードリンク

 

予告動画2本目で気になるポイント12個

伸縮スーツ

f:id:keiyamamoto413:20170614225702p:plain

トニー・スターク開発による先端技術が詰まったスパイディ・スーツだが、スーツを着用して胸のスパイダー・マークをプッシュすると着用者の身体のサイズに合わせて自動的に伸縮するという便利なギミックが搭載されている模様。

 

お調子者

f:id:keiyamamoto413:20170614225923p:plain

スパイダーマンといえば、敵をおちょくるような”口撃”や、自ら設置しておいたカメラに向かってポーズをキメるなど、「お調子者」な一面も魅力。今作でもそんなキャラは健在のようだ。映像冒頭、公衆の面前でスイング移動するシーンでは、空中でおふざけポーズを取りながら、親愛なる隣人がユーモア溢れるキャラクターであることを表現している。また、客船でモブキャラを懲らしめるシーンでは「武器用フェリーは2時半だよ、乗り過ごした?」と口撃している。

 

学園ドラマ要素

f:id:keiyamamoto413:20170614230059p:plain

「学園モノ」「青春モノ」要素は、スパイダーマンが完ぺきな形でカバーしてくれるだろう。プールサイドでのパーティーに飛び込むシーンやティーンのヒロインとのキスシーンなど、若さ溢れる向こう見ずで甘酸っぱい演出にも期待できそう。

 

スター・ウォーズのオマージュ

f:id:keiyamamoto413:20170614230214p:plain

創造主スタン・リーは「窓の向こうを見ればスパイダーマンがスイングしている絵が浮かぶような世界を作りたかった」と語っているが、マーベル映画は僕たちの暮らす現実世界に則している。ピーターが僕たちと同じようにスター・ウォーズを愛しているのは当然だ。サイエンス・オタクのピーターなのだから、映画の話題なら僕たちとも話が合うだろう。『シビル・ウォー』では、『スター・ウォーズ:帝国の逆襲』をネタにしていたが、今作ではピーターの友人がデス・スターのLEGOブロックを床に落っことしている。同じ場面で画面右をよく見ると、X-ウイングの模型の一部も見切れいているのが確認できる。(ちなみにこのシーンは予告編第一弾から解禁されていたもの。)

 

過去のスパイダーマン映画作品を観たい方はこちら!

『 U-NEXT 』
日本最大級の配信本数!
  配信本数はなんと120,000本以上!しかも毎月2,000本以上が更新されます。
  レンタルしようとしてたあの映画、見逃したあのドラマなど、
あなたの「観たい!」がきっとみつかります!
  ※成人向け作品も31日間無料トライアルで視聴可能ですが、ペアレンタル
  ロック機能で非表示にすることも可能です。

◆ いつでもどこでも好きな時に視聴可能! ◆
  お持ちのパソコン・スマホ・タブレット・テレビで視聴できます!
  さらにオンデマンドだから、あなたのお好きな作品を、
  好きな時に、好きなだけお楽しみいただけます!

U-NEXT 

 

キャプテン・アメリカのカメオ登場

f:id:keiyamamoto413:20170614230304p:plain

噂にもあったように、キャプテン・アメリカのカメオ出演が明らかに。『アベンジャーズ』1作目当時と同じデザインのコスチュームに身を包んだキャプテン・アメリカが、フィットネス・チャレンジのインストラクターとしてテレビ画面に映し出されているが…。一体何をしているんだろう?バイト…?

 

悪の動機

f:id:keiyamamoto413:20170614230649j:plain

ヒーローにとって、正義として存在する理由が重要であるように、ヴィランがヴィランとして悪事をはたらくのにも、観客が納得できる動機が必要だ。今作のメイン・ヴィラン、ヴァルチャーことエイドリアン・トゥームスの悪のモチベーションは共感しやすいものがある。予告編映像でトゥームスは「トニー・スタークみたいな、金と権力」「奴らは俺たちのことなんて気にも留めねえ」と発言しており、ルサンチマン全開だ。先に明かされたあらすじによれば、トゥームスはアベンジャーズらの戦闘によって破壊された街の”片付け”をする会社を経営していた。ところが、スタークが設立した政府組織がその業界に介入してきたため激怒しているのだという。なんてわかりやすい!

『シビル・ウォー』やNetflixドラマでは、アベンジャーズらの活動による”コラテラル・ダメージ”を被った一般人が被害者として登場したが、トゥームスもヒーローらのご立派な栄光が生んだ影の存在。彼らは被害者なわけだから、ヒーローらに抗う理由があるし、その動機は一見咎めようがない。トゥームスだってずいぶん鬱屈した危険な性格のキャラクターとして描かれるのだろうけど、それでも彼は経営者なわけだから、従業員や家族を守るために必死なハズだ。映像内でも、「理解してくれ」「ファミリーを守るためなら、何だってやる」という発言が確認できる。何かを守るために、テクノロジーを駆使したスーツを着込み、自分たちにとっての敵と必死に戦う。いったい、世間様が”ヒーロー”と呼ぶ連中と何が違うんだろう?何が正義と呼べるのだろう?

『スパイダーマン:ホームカミング』では、『ダークナイト』以降トレンドとなっている、ヒーロー映画特有のジレンマがどう描かれるのかも見ものだろう。

 

ドナルド・グローヴァー

f:id:keiyamamoto413:20170614230856p:plain

詳しい役どころは不明だが、上画像の男性は『スター・ウォーズ』アナザー・ストーリー第二弾『ハン・ソロ(仮題)』で若きランド・カルリシアンを演じるドナルド・グローヴァー。スター・ウォーズ・ファンが今最も(色んな意味で)気になる俳優の1人だけあって、劇中での彼の活躍から目が離せない。

 

第二のヴィラン、ショッカー

f:id:keiyamamoto413:20170614231028j:plain

ふむ....浮浪者のようなコスチューム......

大丈夫だろうか..コミックではこちら

f:id:keiyamamoto413:20170614231144j:plain

一体どんなキャラクターなのか少しご紹介しておきましょう。
本名はハーマン・シュルツ。何度も銀行強盗などで刑務所に入れられる三流犯罪者でしたが、エンジニアとしての才能を活かし、強力な震動波を発するガントレットを発明します。だから”ショッカー”なんですね。これにより金庫破りや刑務所からの脱獄がスイスイできてしまうわけです。
しかしながら使う本人にも相当な振動と負担がかかるため、それを軽減するためのスーツも開発します。彼の着ている黄色いコスチュームはまさしくそのスーツです。

これだけ聞くとかなり強そうですが、ひとつ弱点があります。親指でガントレットのボタンを押さないと震動波が起きないのです。コミックではスパイダーマンにここを突かれて敗北しました。映画ではどのようなアレンジがなされているのでしょうか?楽しみですね!

 

アイアンマン / トニー・スタークの登場

f:id:keiyamamoto413:20170614231256p:plain

本作にはアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)が大々的に登場することは既報の通りだが、本予告編ではトニーがアイアンマンとしてスパイダーマンの救援に駆けつける様子が含まれている。どうやら巨大客船でヴァルチャーの襲撃を許してしまったスパイダーマン。船が真っ二つに分断され、あわや沈没といったところでアイアンマンが登場。「死人が出たらどうするつもりだ」と、ピーターにスーツの没収を告げる。「このスーツが無いと何も出来ないよ」と乞うピーターだが、「スーツが無いと何も出来ないくらいだったら、持つな」と返され、ぐうの音も出ない。

 

スポンサードリンク

 

 

自家製スーツ

f:id:keiyamamoto413:20170614231340p:plain

ブルーのスウェットにレッドのパーカーを用いた自家製スーツでのアクションを見せるスパイダーマン。この場面は、トニーにスーツを授かる前の、個人活動を行っていたころの映像なのか、それとも客船の事故によってスーツを没収された後なのか、果たしてどちらだろう。

 

瀕死のピーター

f:id:keiyamamoto413:20170614231412p:plain

まだ若く、経験も浅いスパイダーマンは年長のヴァルチャーに徹底的に懲らしめられ、瀕死の状態でぶら下げられている。残酷なシーンではあるが、サム・ライミ版『スパイダーマン』シリーズでもやはりスパイダーマンは瀕死ボロボロの状態になるのが常だった。ヴァルチャーの鋼の翼で釣り上げられている様子は、『スパイダーマン2』ドクター・オクトパスの機械仕掛けの”脚”に苦しめられる場面を思い起こさせる。

 

飛び出す胸のスパイダー

f:id:keiyamamoto413:20170614231447p:plain

スパイダーマンのスーツ・デザインと言えば、胸の部分にあしらわれたクモマークがお馴染みだが、『ホームカミング』のスーツではなんと胸のスパイダーが飛び出し、小型ドローンとして飛び立つという斬新なギミックが加えられている。『シビル・ウォー』で登場したファルコンの小型偵察機「レッドウィング」のように、周囲の敵の位置をスパイできるのだろうか。それとも、トニーのことだからあっと驚く技を忍ばせているかもしれない。テクノロジー満載のスーツ・アクションも楽しみだ。

多くの新事実が明らかになった『スパイダーマン / ホームカミング』、日本公開は2017年8月11日。

 

過去のスパイダーマン映画作品を観たい方はこちら!

『 U-NEXT 』
日本最大級の配信本数!
  配信本数はなんと120,000本以上!しかも毎月2,000本以上が更新されます。
  レンタルしようとしてたあの映画、見逃したあのドラマなど、
あなたの「観たい!」がきっとみつかります!
  ※成人向け作品も31日間無料トライアルで視聴可能ですが、ペアレンタル
  ロック機能で非表示にすることも可能です。

◆ いつでもどこでも好きな時に視聴可能! ◆
  お持ちのパソコン・スマホ・タブレット・テレビで視聴できます!
  さらにオンデマンドだから、あなたのお好きな作品を、
  好きな時に、好きなだけお楽しみいただけます!

U-NEXT 

 

スパイダーマン過去作品一挙紹介

  1. スパイダーマン(2002年)
  2. スパイダーマン2(2004年)
  3. スパイダーマン3(2007年)
  4. アメイジング・スパイダーマン(2012年)
  5. アメイジング・スパイダーマン2(2014年)
  6. スパイダーマン:ホームカミング(2017年公開予定)
  7. スパイダーマン/ホームカミング2(仮題)(2019年公開予定)

スパイダーマン映画の歴史は、2002年からスタート。じつは1977年ごろから、実写映画化の一部動きはあったようですが、そこから25年間も空白の時間が流れたのです。

ですが、それも昔の話。今ではこんなにたくさんのスパイダーマン映画が、とてつもないハイクオリティの映像で公開されています。嬉しいですね!

 

スパイダーマン映画(初代三部作シリーズ)のあらすじ

スパイダーマン(2002年)

f:id:keiyamamoto413:20170614232311j:plain

両親を早くに亡くし、叔父と叔母に育てられたピーター・パーカー。ピーターは高校生となり、幼なじみのメリー・ジェーン・ワトソン(MJ)に恋をしているが、なかなか思いを告げられられず、学校でも酷いイジメを受けていた。

ある日、社会見学で大学の研究室を訪れた際に、遺伝子改良を施された蜘蛛に噛まれてしまう。そして翌朝めざめたピーターは、なんと驚異的な体力や視力、さらにはクモの糸の発射能力まで手に入れていたのだ。しかし力を得て調子に乗っていたピーターのせいで、愛するベン伯父さんが殺されてしまう事件が起きてしまう。それ以降、ピーターは力の代償を深く受けとめ、特注のスーツを身にまとった「スパイダーマン」として正義のために力を使うようになった。

一方、その頃、軍事企業であるオズコープの実験室で、またひとりの怪人が誕生しようとしていた。なんと「オズコープ」の社長でありピーターの親友ハリーの父親であるノーマン・オズボーンが、薬の副作用で別人格が覚醒し、「グリーン・ゴブリン」となって、暴走を始めたのだ…。

f:id:keiyamamoto413:20170614233708j:plain

ここ一番の名シーンでしたね!

 

主演キャスト

ピーター・パーカー / トビー・マグワイア

f:id:keiyamamoto413:20170614233517j:plain


グリーン・ゴブリン / ウィレム・デフォー

f:id:keiyamamoto413:20170614233748j:plain

f:id:keiyamamoto413:20170614233802j:plain


メリー・ジェーン・ワトソン(MJ) / キルスティン・ダンスト

f:id:keiyamamoto413:20170614233842j:plain

スパイダーマン2(2004年)

f:id:keiyamamoto413:20170614232431j:plain

グリーン・ゴブリンとの戦いから2年が経過し、大学生になったピーター。しかし、スパイダーマンとしてのヒーロー活動が忙しく、ピーターは留年の危機にあった。やっと見つかったバイトも首になる始末。そんなとき、メイおばさんが主催の誕生日パーティが開かれ、MJと再会することになるピーター。

やがて親友ハリーの紹介で、ピーターは科学者オクタビアスと知り合い、仲良くなる。オクタビアスは現在、オズコープ社の「核融合」大プロジェクトのリーダーであり、ピーターの憧れの存在だ。翌日、オクタビアスは観衆を集めて核融合の実験を披露する。人工知能を搭載した金属製のアームを体に繋いだオクタビアス。

しかし、事故が発生。会場は崩壊し、観衆は慌てふためき、混乱に飲み込まれていく。その場はスパイダーマンになったピーターがなんとか収めるも、オクタビアスの妻が死亡し、オクタビアス本人も意識不明の重体で病院へ運ばれた。しかも人工知能に支配された金属アームがオクタビアスの意識を乗っ取り、脱走。「ドクター・オクトパス」に変貌した彼は、なんと街を襲撃しはじめる…。

 

主演キャスト

ピーター・パーカー / トビー・マグワイア

f:id:keiyamamoto413:20170614234010j:plain


ドクター・オクトパス / アルフレッド・モリーナ

f:id:keiyamamoto413:20170614234111j:plain


メリー・ジェーン・ワトソン(MJ) / キルスティン・ダンスト

f:id:keiyamamoto413:20170614234211j:plain

 

スポンサードリンク

 

 

スパイダーマン3(2007年)

f:id:keiyamamoto413:20170614232541j:plain

スパイダーマンとしてニューヨーク市民に愛され、MJとも交際を続けているピーターは、順風満帆な生活を送っていた。MJも女優として成功し、ブロードウェイでも活躍しはじめる。ピーターはついにMJとの結婚を決意し、メイおばさんからもらった婚約指輪をMJに渡すことに。

だがその日、ピーターは不意にニュー・ゴブリンの襲撃を受ける。しかもニュー・ゴブリンの正体は、なんと親友のハリー・オズボーンだった。MJに渡す予定の指輪を守りながらハリーと戦うピーター。なんとか勝利はしたものの、ハリーは頭を強打して記憶喪失になってしまうのだ。

その頃、ベンおじさんを殺したとされる真犯人の男フリント・マルコが警察に追われていた。その逃避中、偶然おこなわれていた「分子実験」に巻き込まれてしまった彼は、砂の体を持つ「サンドマン」に変貌。マルコの存在を知り、彼に憎しみの感情を抱くピーター。だがピーターは、突如謎の液体生命体「シンビオート」に黒く染められてしまい、以前の彼とは全く異なる「ブラック・スパイダーマン」になってしまう…。

 

主演キャスト

ピーター・パーカー / トビー・マグワイア

f:id:keiyamamoto413:20170614234310j:plain


ニュー・ゴブリン /ジェームズ・フランコ

f:id:keiyamamoto413:20170614234512j:plain


サンドマン / トーマス・ヘイデン・チャーチ

f:id:keiyamamoto413:20170614234556j:plain


メリー・ジェーン・ワトソン(MJ) / キルスティン・ダンスト

f:id:keiyamamoto413:20170614234708j:plain


ヴェノム / トファー・グレイス

f:id:keiyamamoto413:20170614234754j:plain

f:id:keiyamamoto413:20170614234834j:plain

映画『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのあらすじ

アメイジング・スパイダーマン(2012年)

f:id:keiyamamoto413:20170614232650j:plain

両親に先立たれ、叔父と叔母に育てられた高校生のピーター・パーカー。ある日、家で謎の資料を見つける。それは亡き父親が残した貴重な研究資料だった。資料の内容が気になるピーターは父の同僚だったコナーズ博士に近づくため、研究所の授業に参加。しかしそこで謎の遺伝子操作されたという謎の蜘蛛に噛まれてしまうのだ。そして博士の元でインターンとして働いていた同級生のグウェンに追い出されてしまう。

帰り道、すぐに異変が発生して驚異的な超人パワーを持つ体になったピーター。その翌日、ピーターはコナーズ博士の家に行って、父親の資料の内容を伝えることに成功するが、ベンおじさんの約束を守れずに喧嘩をし、そのせいでベンおじさんが強盗に殺されてしまう。それ以来、ピーターは叔父の仇を討とうと、スパイダーマンとなって、「犯人探し」をはじめるのだ。

一方、ピーターからヒントを得たコナーズ博士は、自分の体で人体実験を進めるが、薬の副作用によって、凶暴で全身トカゲのような体を持つ「リザード」になってしまっていた…。

 

主演キャスト

ピーター・パーカー / アンドリュー・ガーフィールド

f:id:keiyamamoto413:20170614234914j:plain


リザード / リス・エヴァンス

f:id:keiyamamoto413:20170614234946j:plain


グウェン・ステイシー / エマ・ストーン

f:id:keiyamamoto413:20170614235034j:plain

アメイジング・スパイダーマン2(2014年)

f:id:keiyamamoto413:20170614232817j:plain

ニューヨークでスパイダーマンとして活躍するピーターは、グウェンとの恋人関係を続けていた。だが、彼女の父親との「グウェンを守るために彼女と別れる」という約束が頭から離れないピーター。グウェンはそんなピーターとの間に距離感を感じ、2人は別れることになってしまった。

そんな中、ピーターはオズコープで働くマックスの命を助けた。マックスは優秀な電気技師だったが、誰からも存在を覚えてもらえず、唯一自分をかまってくれたスパイダーマンに異様な執着心をもつようになる。ある日彼は、仕事上の電気事故のせいで「エレクトロ」という電気人間に変貌してしまう。力をもてあましたマックスはニューヨークの街を破壊し、駆けつけたスパイダーマンと対峙。しかし、スパイダーマンは彼のことを覚えていなかった…。

一方その頃、ピーターの親友であるハリーの父ノーマン・オズボーンが死去。父のあと継いだハリーはオズコープ社の新社長に就任する。だが、ハリーも父と同じく「奇病」に苦しんでいたのだ。ハリーが生き残るためにはスパイダーマンの血液が必要だったが、ピーターはハリーの要求を拒否。やがてピーターを恨むようになったハリーは、エレクトロを誘い、スパイダーマンの抹殺を企むようになる…。

 

主演キャスト

ピーター・パーカー / アンドリュー・ガーフィールド

f:id:keiyamamoto413:20170614235118j:plain

 

エレクトロ / ジェイミー・フォックス

f:id:keiyamamoto413:20170614235228j:plain


グリーン・ゴブリン / デイン・デハーン

f:id:keiyamamoto413:20170614235300j:plain


グウェン・ステイシー / エマ・ストーン

f:id:keiyamamoto413:20170614235340j:plain

 

スパイダーマン ホームカミングのネタバレ、さらに奥深く!

keiyamamoto413.hatenablog.com

 

まとめ

これだけいろんなバージョンのスパイダーマンがあるので、見に行く前にまず復習をしていくとさらに楽しめるでしょう!

全マーベル映画の中ではこのスパイダーマンの映画だけ一番視聴者に近い存在となっていますね。

主人公がそもそも憧れを抱いているベクトルが視聴者と一緒の目線で物語が進んでいくような雰囲気の予告動画でしたね。

今後もスパイダーマン:ホームカミング2が2019年公開予定となっております!

はやくマーベル映画の時系列を制覇しないと今後もっと先に進んでいくのでとんでもないことになりますぞ!

そのためにしっかり動画配信サイトで復習していきましょうね!

 

過去のスパイダーマン映画作品を観たい方はこちら!

『 U-NEXT 』
日本最大級の配信本数!
  配信本数はなんと120,000本以上!しかも毎月2,000本以上が更新されます。
  レンタルしようとしてたあの映画、見逃したあのドラマなど、
あなたの「観たい!」がきっとみつかります!
  ※成人向け作品も31日間無料トライアルで視聴可能ですが、ペアレンタル
  ロック機能で非表示にすることも可能です。

◆ いつでもどこでも好きな時に視聴可能! ◆
  お持ちのパソコン・スマホ・タブレット・テレビで視聴できます!
  さらにオンデマンドだから、あなたのお好きな作品を、
  好きな時に、好きなだけお楽しみいただけます!

U-NEXT 

 

アベンジャースの時系列

keiyamamoto413.hatenablog.com

keiyamamoto413.hatenablog.com

keiyamamoto413.hatenablog.com