KEI YAMAMOTO がKEYになったKOTO

会社員している傍ら音楽制作のお仕事もしております。 たまにDj活動しております。 このブログは自分がとにかくKEYになったKOTO(気になった事)をどんどん書いていこうと思っております! その情報がみなさんの日々の生活に楽しいオプションとしてひとつでも増えたらいいなと思っております。ぜひとも今後とも応援をよろしくお願いします。

【映画】MARVELドラマシリーズもいれて、アベンジャーズの順番 (時系列) シリーズとレビュー フェイズ2

f:id:keiyamamoto413:20170713214857j:plain

さて今回はフェイズ2ということで、前回のフェイズ1よりも物語の奥深いところをついていきますし、魅力的なキャラクターがどんどん出てきます!!敵キャラもより強烈的な雰囲気をもって登場します!

今回はドラマシリーズも結構はいっていますので、映画の舞台裏では一体何が起こっていたのか??内容を記載していきたいと思います!

 

目次

スポンサードリンク

 フェイズ2

 『アイアンマン3』(2013年)

f:id:keiyamamoto413:20170713215459j:plain

 

ストーリー

トニー・スタークは、1999年の大晦日にスイスのパーティーに訪れていた。パーティーで知り合った植物学者のマヤ・ハンセンに興味を持って彼女の部屋に向かうが、「アドバンスド・アイデア・メカニックス(英語版)(A.I.M.)」の創設者である若き科学者、アルドリッチ・キリアンの熱烈な交渉を受ける。トニーはキリアンに屋上で商談する約束をしてあしらい、キリアンに屈辱を与える。部屋で生物の遺伝子の未使用領域を活用して能力を向上させるという研究について話し合い、マヤと一夜を過ごした。
2013年の現在。ニューヨークにおけるアベンジャーズとロキらの戦いから1年後。トニー・スタークはスターク・インダストリーを恋人ポッツに任せ、アーマーを次々と開発していた。遠隔操作と自動装着を可能にする新型「マーク42」まで開発したものの、かつての戦いで不眠症やパニック障害を患ったトニーは、悪夢や発作に悩まされ、どこに行くにもアーマーを持ち歩く「アーマー依存症」とも言うべき状態に陥っていた。
その頃アメリカ国内では、爆破テロを行っては電波ジャックによる犯行声明を出す「マンダリン(英語版)」率いるテロリスト組織「テン・リングス」の活動が問題視されていた。トニーの親友であるジェームズ・ローズ大佐は、大統領の命を受け、「ウォーマシン」を改良した新型スーツ「アイアン・パトリオット」を着て捜査を行っていたが、周囲に全く爆弾の痕跡を残さないことから、実行犯を特定できずにいた。
そんなある日、ポッツの元に壮年のキリアンが現れる。かつては小さな研究所だったA.I.Mは、今や政府に認可されるほどの大きなシンクタンクとなっていた。キリアンはポッツに、人間の脳の未使用領域を利用して人の能力を向上させるウィルス「エクストリミス」の研究を行っていることを打ち明け、その研究開発を共同で行おうと提案するが、研究結果が軍事利用されるかもしれないと考えたポッツは断る。一方、警備主任となっていたホーガンはキリアンとその同行者を不審に思い、彼らを尾行して同行者が謎のスーツケースを浮浪者に渡す現場を押さえる。が、そのスーツケースに入っていた薬品を浮浪者が摂取した直後、高熱を発しながら爆発を起こす。周囲の民間人数名が犠牲になり、ホーガンも重傷を負って昏睡状態となってしまった。
事件を知ったトニーは、マスコミを通じて「お前の命はここまでと思え。いつでも受けて立つ」と、自宅の住所を公表してマンダリンに宣戦布告。情報収集を行い、テネシー州のある町で酷似した爆発事件が起きていたことを知る。その直後、マヤがエクストリミスの件で相談があると言ってトニーの家を訪れるが、マスコミのヘリに偽装したテロリストのヘリが襲撃してくる。まだ武装の配備や調整が万全でない「マーク42」の最新機能を何とか使いこなし、自宅を破壊されながらもポッツとマヤの2人を逃し、自身も空を飛んで危機を脱するが、テネシー州に不時着したところでスーツは故障してしまう。トニーは現地で偶然出会った少年・ハーレーの協力を得ながら爆発事件の現場や関係者を調べるうちに、爆発を起こした人間がキリアンの属しているA.I.Mに関わっていることを知る。
ローズの協力を得ながらマンダリンのアジトを突き止めたトニーは、マンダリン本人を尋問するが、マンダリンという人物は実在せず、本人とされていたのは金で雇われた俳優であり、裏で糸を引いていたのはキリアンであるという事実を知る。キリアンはマンダリンという架空のテロリストを作り上げてテロを起こさせ、それに乗じて各国の政府や軍に武器を売るというマッチポンプを行い、世界を裏で操ろうと画策していたのだ。その直後にトニーはローズともどもキリアンに囚われ、マヤと再会し、彼女がキリアンの手の者だったことを知る。トニーはそこで、マヤはエクストリミスを平和利用の目的で広めるために止む無くキリアンに接触したこと、ポッツもキリアンに捕まり、エクストリミスを投与されて拷問されていることを知らされる。トニーの説得でマヤはキリアンから離反するが彼の手で殺されてしまい、トニーもまた命の危機に瀕するが、J.A.R.V.I.Sとハーレーが修理したマーク42が飛来、これを装着したトニーはローズと共に反撃に転ずる。
クリスマスの夜、ポッツが囚われた巨大タンカーに潜入したトニーとローズは、これまで開発したアーマーを全機召喚してテン・リングスに総攻撃をかけ、現場に捕らわれていた大統領を救出。続いてポッツを発見するが、投薬で自らもエクストリミス・ソルジャーとなったキリアンの妨害にあい、トニーの奮闘むなしくポッツは火災の炎の中に転落してしまう。怒りに燃えるトニーはキリアンとの一騎討ちの末、マーク42をキリアンに着せて自爆させるという奇策で重傷を負わせる。それでも尚立ち上がるキリアンだったが、同じくエクストリミスの作用で超人と化し、炎の中でも生き延びていたポッツの反撃で死亡した。こうして一連の騒動は決着し、ポッツとトニーはお互いの愛を確かめ合うと、アーマー依存症の克服を宣言し、総攻撃で破壊されなかったアーマーを全てクリスマスの花火代わりに自爆させる。その後、ポッツはトニーの開発した解毒剤で常人に戻り、トニーもアーク・リアクターを胸から外して心臓手術を受け、ミサイルの破片を胸から除去されて普通の人間に戻った。こうしてスーパーヒーローではなくなったトニーだが、「アーマーは僕にとって繭だった。それを破って僕は生まれ変わった」と述懐、新たな人生を歩むことを決意して物語の幕は降りる。

 

エージェント・オブ・シールド SEASON1(2014年・ABC制作のドラマ)

f:id:keiyamamoto413:20170713221044j:plain

 

ストーリー

異星人が襲来した『アベンジャーズ』後、世界の混乱収拾のため復職したシールドのフィル・コールソン(クラーク・グレッグ、映画シリーズでも同役を演じる)と、彼は集めた特命チームの活躍が描かれる。

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』と『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の裏エピソード(第八話、第十六話、十七話)も含む。

 

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)

f:id:keiyamamoto413:20170713215633j:plain

 

ストーリー

宇宙が誕生する前に、闇の中からダークエルフ達が生まれた。宇宙が誕生した時に、ダークエルフの中で最も邪悪なマレキスが、インフィニティ・ストーンの中の一つエーテルを使い、宇宙を再び永遠の闇に戻そうとした。アスガルド軍が必死に応戦し何とかエーテルを奪い取る事に成功した。ダークエルフ達は何処かに消え、エーテルは地中深くに埋められた。
現代、ロキはチタウリと共に地球を支配しようとした為、アスガルドの地下牢に入れられ、ソーは惑星直列によって混乱に陥った9つの世界の戦争や略奪を止めていた。
その頃ジェーンとダーシーと、ダーシーの助手イアンはエリックが研究をしているロンドンに来ていた。そこで惑星直列の影響で、世界の境目が不安定になっている場所を発見する。ジェーンはアスガルドの地中深くに埋められたエーテルを吸収してしまう。その頃アスガルドでは、ビフレストの番人、ヘイムダルがジェーンを見失った事で地球に来たソーはジェーンがエーテルを吸収してしまった事を知りジェーンをアスガルドに連れて行く。
エーテルの力を感じたマレキスは目覚め、エーテルを吸収したジェーンがアスガルドにいる事を知り、腹心のアルグリムをアスガルドに送り込んだ。地下牢でカースと化したアルグリムは牢の中にいた囚人達を解放し、ダークエルフの艦隊はアスガルドを破壊していく。その中でアスガルドの王妃フリッガはカースによって殺される。
アスガルドが滅びる事を悟ったソーは、シフとヴォルスタッグとファンドラルとヘイムダル、そしてロキと協力しジェーンをスヴァルトヘイムに連れて行く。スヴァルトヘイムに着いたソーとロキは、マレキスがジェーンからエーテルを取り出した所を狙いエーテルを破壊しようとするも、失敗しマレキスの手に渡ってしまう。マレキスは地球へと向かい、ロキもカースによって殺されてしまう。
直列の影響で地球へと戻ったソーとジェーンは、皆と再会し精神病棟に入れられてたエリックを連れ出した。地球に来たマレキスは部下と共にソーを倒そうとする。ソーは惑星が完全に直列すると、エーテルの真の力が解放されるのを防ぐ為に戦うが、失敗してしまう。最後の手段として特異点を発見する為の装置でマレキスはスヴァルトヘイムへ飛ばされる。そこでマレキスの宇宙船が倒れソーに当たりそうになるも、直列の影響でスヴァルトヘイムのマレキスの所に飛ばされ、マレキスは宇宙船の下敷きになり死亡する。
ソーはオーディンの所に向かい自由が欲しいと言い許可される。ソーが去った時オーディンに化けていたロキが正体を表した。
ヴォルスダッグとシフはノーウェアにいるコレクターにエーテルを渡しにいく。コレクターはインフィニティ・ストーン回収の野望を表す。

 

スポンサードリンク

 


『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)

f:id:keiyamamoto413:20170713221705j:plain

 

ストーリー

ニューヨークでの戦いから2年後、キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースはワシントンD.C.で暮らし、諜報機関S.H.I.E.L.D.のニック・フューリーの下で働きつつ、現代社会への適応に苦労していた。
ある日、S.H.I.E.L.D.の船舶が海賊ジョルジュ・バトロック(英語版)によって占拠されてしまい、ロジャースとエージェント・ナターシャ・ロマノフは、エージェント・ラムロウ(英語版)が率いる対テロ作戦部隊S.T.R.I.K.E.(英語版)と共に人質の救出へ向かう。その任務中、ロジャースはロマノフが船のコンピュータからデータを取り込んでいるところを見つけ、彼女がフューリーから別の指令を受けていることを知る。
ロジャースはS.H.I.E.L.D.本部のトリスケリオン(英語版)へと帰還し、フューリーからS.H.I.E.L.D.が進める「インサイト計画」の説明を受ける。これは船から打ち上げられたスパイ衛星によって敵を捉え、3隻のヘリキャリアー(英語版)によって先制攻撃するというものだった。フューリーはこの計画に賛同しつつも違和感を持ったため、ロマノフに密かに計画のデータを持ち帰るよう指示したのだった。データが解析できないことを不審に思ったフューリーは、世界安全保障委員会のアレクサンダー・ピアースに計画の延期を要求する。
マリア・ヒルとの待ち合わせ場所へ向かう途中、フューリーはウィンター・ソルジャーと呼ばれる謎の暗殺者率いる部隊の襲撃を受けた。フューリーはロジャースのアパートに逃げ込み、戻ってきた彼にS.H.I.E.L.D.が危険であると警告する。ロジャースにUSBメモリを手渡した直後、フューリーはウィンター・ソルジャーの狙撃を受けて倒れ、手術中に死亡が確認される。後日、ピアースはロジャースをトリスケリオンに呼び出す。ロジャースがフューリーの情報を渡すのを拒否すると、ピアースはロジャースをS.T.R.I.K.E.に襲撃させた。これを振り切って脱出したロジャースを、ピアースは逃亡犯として手配した。
ロジャースは追われる身となった。ロマノフと合流したロジャースはUSBメモリのデータを利用して見つけたニュージャージー州にあるS.H.I.E.L.D.の無人の格納庫へ潜入し、古びたスーパーコンピュータを起動する。その中には、ナチスから生まれた組織・ヒドラの科学者アーニム・ゾラ(英語版)の意識が保存されていた。ゾラは第二次世界大戦後にS.H.I.E.L.D.が設立されて以来、かつて壊滅したはずのヒドラがS.H.I.E.L.D.内部で密かに活動を続け、人々が保安と引き換えに自由を放棄するように世界を誘導していたことを明かした。その直後、格納庫はS.H.I.E.L.D.のミサイル攻撃を受けスーパーコンピュータもろとも破壊されるが、2人はかろうじて生き延びた。
ロジャースとロマノフは、ロジャースの友人で元米空軍パラシュート兵のサム・ウィルソンに助けを求め、そして彼はウイングスーツ「ファルコン」を準備する。ピアースとS.H.I.E.L.D.捜査官のジャスパー・シットウェルがヒドラの一員であると推論した3人はシットウェルを捕まえ、将来ヒドラの計画の邪魔になる恐れがある個人を特定できるデータマイニング・アルゴリズムをゾラが開発していたことを白状させた。インサイト計画の真の目的とは、これにより特定した個人をヘリキャリアと衛星を使って排除することであった。
移動中、ロジャース、ロマノフ、ウィルソンはウィンター・ソルジャー率いる武装集団の襲撃に遭い、シットウェルは対向車線に放り投げられた。武装集団を倒し、ウィンター・ソルジャーとの1対1の戦闘で彼のマスクが外したロジャースが見たウィンター・ソルジャーの素顔は第二次世界大戦中ヒドラとの戦闘で谷底に落ち死んだはずの親友バッキー・バーンズであった。実はバッキーは谷底に落ち左腕を失う重傷を負ったが生きていた。だがその後ヒドラに捕まりゾラの実験を受けて記憶を失い、暗殺者に仕立て上げられていたのだ。呆然となるロジャース。ウィンター・ソルジャーが姿を消した後、駆けつけたS.T.R.I.K.E.に3人は逮捕されるがヒルによって救い出され、そして死を偽装することにより難を逃れていたフューリーと再会する。インサイト計画を阻止することを決意した一同は、ヘリキャリアーのコントロール・チップを交換することで自滅させる作戦を実行に移す。
世界安全保障委員会のメンバーがヘリキャリアーの発進のために集結した後、ロジャースはトリスケリオンで働く者たちにヒドラの陰謀を放送で暴露する。委員会のメンバーの1人に変装していたロマノフはピアースの武装を解除する。フューリーが到着するとピアースにS.H.I.E.L.D.のデータベースをロックを解除させ、ロマノフにヒドラの行動を全世界に公開させた。一同が揉み合った後、ピアースはフューリーにより射殺される。一方ロジャースとウィルソンは2隻のヘリキャリアーに突入し、チップの交換に成功するが、3隻目でウィンター・ソルジャーが現れ、ウィルソンのスーツが破壊されロジャースとの戦闘となった。ロジャースは最終的にウィンター・ソルジャーをかわしてチップを交換し、ヒルに連絡してヘリキャリアーを同士討ちさせた。ロジャースはかつての親友であるウィンター・ソルジャーとの戦いを拒み、そしてヘリキャリアーはトリスケリオンに衝突して彼はポトマック川へと投げ出された。ロジャースの呼びかけで記憶を取り戻したウィンター・ソルジャーは彼を救出し、その場を去った。
戦いは終わった。その後、S.H.I.E.L.D.は混乱し、フューリーは死を偽装したままヒドラの残党を追って東ヨーロッパへと旅立ち、ロマノフは過去の経歴について上院議会に尋問された。ヒルはスターク・インダストリーズの面接を受け、またロジャースの護衛をしていたエージェント13はCIAへと移った。ヒドラのダブルエージェントであったラムロウはトリスケリオンの崩壊で重傷を負い、病院へと担ぎ込まれた。ロジャースとウィルソンはウィンター・ソルジャーを追跡することにした。
エンドクレジットの途中の場面で、ヒドラの研究所でバロン・フォン・ストラッカーが「奇跡の時代」の始まりを宣言し、エネルギーを帯びたロキの杖と、ガラス張りの部屋に監禁された若い2人の男女(超高速で動く男と念導力を使う女)が登場した。エンドクレジット後の場面ではウィンター・ソルジャーがスミソニアン博物館を訪れ、記念館にあるバッキー・バーンズのパネルを見つめていた。

 

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)

f:id:keiyamamoto413:20170713221951j:plain

1988年、母親を亡くしたばかりの幼いピーター・クイルはヨンドゥ・ウドンタ(英語版)率いる宇宙海賊ラヴェジャーズによって地球から拉致される。それから26年後、惑星モラグで成長したクイルがオーブを盗み出そうとしたところ、同じくそれを狙うクリー人(英語版)のロナン(英語版)の部下のコラス(英語版)と遭遇する。クイルはオーブを持って逃亡するが、横取りを知ったヨンドゥは彼を捕らえるために懸賞金を掛け、一方でロナンはオーブ強奪のために最強の暗殺者ガモーラを派遣した。
クイルがノバ帝国の首都惑星のザンダー(英語版)でオーブを売り払おうとしたところ、ガモーラは彼に襲いかかる。揉み合いになる2人に遺伝子改造されたアライグマのロケットとその相棒の樹木型ヒューマノイドのグルートの賞金稼ぎペアが加わるが、4人はノバ軍警察(英語版)によって逮捕され、キルン刑務所に投獄される。そこでロナンに家族を殺されたドラックスは彼と協力関係にあったガモーラを殺そうとする。クイルはガモーラを生かしておけばロナンがいずれやって来ると言って思いとどまらせ、そして彼女からロナンを裏切り、ザンダーのような惑星を破壊するオーブの力を使わせたくないという話を聞く。ガモーラにオーブの買い手が居ることを知ると、彼女とクイル、ロケット、グルート、ドラックスは協力してキルンから脱走する。
宇宙のどこかでロナンはガモーラの養父のタイタン人のサノスと会い、彼女の裏切りとオーブについて議論する。クイルのグループは彼の宇宙船ミラノ号でキルンを脱出し、宇宙の果てのノーウェア(英語版)へ到着する。そこで酔ったドラックスがロナンを呼び寄せてしまう間、他の4人はコレクターのタニリーア・ティヴァン(英語版)と会う。ティヴァンはオーブを開け、それがそれを使う強者以外の全てを破壊するパワーを持つインフィニティ・ストーン(英語版)であることを明かす。だがその直後、ティヴァンに苦しめられていた使用人カリーナがストーンに触れてしまい、ティヴァンのアーカイブを飲み込む大爆発を引き起こす。
ロナンはノーウェアに到着するとドラックスをすぐに倒し、船で逃げる者たちをロナンの部下とガモーラの姉妹のネビュラが追跡する。ネビュラがガモーラの船を破壊すると彼女は生身で宇宙空間に放り出され、ロナン軍はオーブを持ち去ってしまう。クイルは自分を追ってきたヨンドゥと通信した後に宇宙空間に出て自分のヘルメット外してガモーラに装着して生き延びさせ、そして2人はヨンドゥの船に回収される。ロケット、ドラックス、グルートは2人を救出するために船を破壊すると脅迫するが、クイルがオーブを取り戻すと言ってヨンドゥを説得することで停戦に持ち込む。グループはロナンと戦えば確実に死ぬと考えるが、同時に彼らはインフィニティ・ストーンで銀河を破壊する彼を止める必要があると理解する。ロナンの旗艦ダーク・アスター号では、ロナンはストーンの力を自分で使うことに決め、自身のコズミックハンマーにそれを埋め込む。ロナンはサノスに連絡し、ザンダーを滅ぼした後は彼を殺すと宣告し、そして内心でサノスを恨んでいたと言うネビュラと手を組む。
ザンダー星上空、ダーク・アスター号はラヴェジャーズ、ノバ軍警察、クイルのグループと交戦となり、クイル達は艦内へと侵入する。ロナンがパワーを含んだコズミックハンマーでノバ軍警察の戦闘機を破壊しようとする間、コラスはドラックスにより殺される。ネビュラはガモーラと対決するが敗れ、ラヴェジャーズの飛行機を奪って逃亡する。クイル達はロナンの部屋に到着して戦うが圧倒的なパワーには敵わず、危機に陥っていたところ、ロケットが操縦するウォーバード号がロナンに突撃してことによって事なきを得る。大損壊を受けたダーク・アスター号はザンダーに墜落するが、クイル達はグルートが命懸けで保護壁となったことにより生存する。壊れたダーク・アスター号から生きていたロナンが現れてザンダー星を破壊しようとするが、クイルはダンスで彼の気を逸らし、その隙を突いたドラックスとロケットによりコズミックハンマーは破壊される。クイルはハンマーから出てきたストーンを掴み、そしてその重負荷をガモーラ、ドラックス、ロケットと共有し、エネルギーをロナンに向けて倒し、ロナンはストーンの力によって消滅し、死亡する。
その後、クイルは約束に従ってヨンドゥにストーンを渡すことになったが、トロールとすり替えることで彼を騙し、本物はノバ軍警察に預ける。ラヴェジャーズがザンダー星を去る祭、ヨンドゥは契約を無視してクイルを父親に渡さなかったのは正解だったとつぶやく。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと呼ばれるようになったクイルのグループは前科歴を消去され、そしてクイルは自分が半分人間で、父親が古代の未知の種族であること知る。クイルは最後に死ぬ前に母からプレゼントされた箱を開け、その中身の彼女のお気に入りの曲が入ったカセットテープを再生する。ガーディアンズは再建されたミラノ号に乗り、挿し木になって復活したグルートと共にザンダー星を出発する。
エンドクレジット後の場面では破壊されたアーカイブ内でコレクションである犬の宇宙飛行士と喋るアヒルと共に座り込むティヴァンが描かれる。

 

スポンサードリンク

エージェント・オブ・シールド SEASON2(2014年・ABC制作のドラマ)

f:id:keiyamamoto413:20170713222231j:plain

 

ストーリー

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』でヒドラとの繋がりが明るみになり、崩壊寸前のシールド。ニック・フューリー長官(サミュエル・L・ジャクソン)からの新長官に任命されたコールソンは、新生シールドの再建に奔走する。第一話、第八話にはペギー・カーターが登場。また18話以降は『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』とリンクしているので併せて観ると良い!

 

デアデビル SEASON1&SEASON2(2015年・NETFLIX制作ドラマシリーズ)

f:id:keiyamamoto413:20170713223026j:plain

「マーベル・コミック」のアメリカン・コミックの実写作品を同一の世界観で扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズに属する作品であり、様々な映画作品と世界観を共有している。
シリーズでは昼間は弁護士、夜はクライムファイターとして活動するマット・マードック(デアデビル)をチャーリー・コックスが演じる。シリーズはネットフリックスによるマーベル・シネマティック・ユニバース作品の1本目であり、今後の作品とはディフェンダーズ(英語版)のミニシリーズでクロスオーバーする予定である。製作はマーベル・テレビジョン(英語版)がABCスタジオと共同で行い、ショーランナーはスティーヴン・S・デナイトが務める。
2015年4月10日にシーズン1の全話が配信された。日本では同年9月1日のNetflixサービス開始と同時に配信された。 2016年3月18日にシーズン2のnetflix世界同時配信に伴い日本でも同様に同時配信された。現在、日本ではnetflixでシーズン1、シーズン2が配信されている。

 

ストーリー

昼間は弁護士として活動するマット・マードックは、少年時代に盲目と引き換えに得た超感覚を利用し、夜はデアデビルとなってアベンジャーズとチタウリの戦いの後、スラム街となってしまったニューヨークのヘルズ・キッチン近隣で犯罪者と戦う。

 

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)

f:id:keiyamamoto413:20170713222642j:plain

 

ストーリー

ヒドラの残党バロン・フォン・ストラッカーが極秘裏にロキの杖を使い人体実験を行っていることを掴んだアベンジャーズは、東欧ソコヴィアの研究施設を襲撃する。一般市民を守るために、スタークは自分のアーマー達の鉄の軍団“アイアン・レギオン”を呼び寄せた。一方、アベンジャーズの襲撃を聞き入れたストラッカーは部下に施設内のデータの削除を命令し、自ら降伏しようともするが、ドクター・リストに意見され、人体実験で特殊能力を得た双子ワンダ・マキシモフとピエトロ・マキシモフを解放し、アベンジャーズと対抗させる。ピエトロは森を疾走してアベンジャーズを襲い、この戦いでバートンは怪我を負い、全員がダメージを与えられる。しかし施設外の敵を撃退した後、ヒドラの幹部を逮捕し、ソーがバートンの救護に向かい、ロマノフがハルクを落ち着かせてバナーに戻した。一方 スタークとロジャースは施設を守る防壁を突破して施設内に侵入。難なく施設内に侵入したロジャースは施設内でストラッカーを見つけ、軽く気絶させて逮捕する。スタークはアーマーを脱いで施設内のコンピュータに残っていたデータを収集し、秘密の通路を進んでいると、ロキの杖を発見するが背後から忍び寄ってきたワンダの能力(トラウマ、苦悩や恐ろしい過去の記憶を本人に幻視させる)によって幻覚を見せられる。そこではアベンジャーズの全員がサノスの領域にてチタウリ軍団と戦いに敗れ死に絶えており、瀕死のロジャースがスタークに、「僕らを救うことができたのに、なぜ諦めた」という言葉を残して息絶えた。幻覚から覚め、スタークは杖を手に取り、アベンジャーズはニューヨークに戻る。
スタークとバナーはソーが杖を持ち帰るまでの間、2人で杖を調べることになる。杖の先の宝石の中に人工知能らしきものが存在することを発見する。ストラッカーはこれを使ってより賢い人工知能を作り上げようと模索していた。スタークはこれを使いウルトロン計画(平和維持計画)を進めることをバナーに進言するが、両者の意見は分かれる。ある夜、アベンジャーズのメンバー全員は、ローディやウィルソン等と作戦成功とソーの送別を兼ねた盛大なパーティを開く。しかしその最中、宝石の中の人工知能が自我に目覚める。ウルトロンは世界の出来事やアベンジャーズの地球的規模の問題との関わりについて検索し、地球を救うためには人類を根絶しなければならないと信じ、スタークの人工知能J.A.R.V.I.S.を破壊して、自分の体を建造し始める。 ウルトロンマーク1としてボディを獲得した人工知能ウルトロンはパーティが終わりくつろいでいたアベンジャーズの前に現れ、彼らが世界の混沌と破壊に一役買っているのだと言って責め、J.A.R.V.I.S.を殺したことを自慢する。そして自分の意識をアップロードしたアイアン・レギオンをアベンジャーズに向けて放つ。アベンジャーズは反撃し、ソーがウルトロンマーク1を撃退するが、ウルトロンはどこか他に意識をアップロードし、ロキの杖を奪い逃げる。
ウルトロンを創ってしまったスタークとバナーは、メンバー全員に責められる。ウルトロンはヒドラの研究施設からストラッカーが途中で止めていた実験を再開し、ウルトロン・プライムとして自身のボディーを強化し、同時にロボット軍隊ウルトロン・セントリーを作り上げる。さらにウルトロンは、ワンダとピエトロが10歳の頃、戦争に巻き込まれ両親は殺されたこと、動けずにいた2人に飛んできた不発弾にはスターク・インダストリーの文字があり、2日間もいつ爆発するかもしれない爆弾に怯えていたこと知る。2人はアベンジャーズを心の中から破滅させるためにウルトロンと手を組むことを決め、ウルトロンは捕えられていたストラッカーを殺害する。殺害されたストラッカーの遺体の写真を見たアベンジャーズ。そこには壁に血文字で「ストラッカー 安らかに眠れ」と書き残しされていた。
ウルトロンの次なる計画は、特殊金属であるヴィブラニウムを使用して完璧な肉体を得ることである。ピエトロやワンダと共に、ワカンダの武器商人ユリシーズ・クロウがいる武器密売所に改装をした廃船を訪れる。その後、ウルトロンはクロウの言った一言に激高し、クロウの右手を切り落とす。アベンジャーズは取り引きを阻止するために戦うが、ワンダの能力によってソー、ロジャース、ロマノフが戦闘不能となる。ワンダはバートンに反撃を受け、ピエトロによって救助される。救助された廃船の外で双子はクインジェットに残っていたバナーを発見する。幻覚によって錯乱したバナーはハルクとなりヨハネスブルグの街を破壊し始めるが、ウルトロンに勝利したスタークは戦線を離脱しハルクの暴走を止めるために向かう。(ウルトロンの本体はネットワークを通じて逃亡)スタークは宇宙空間に待機させていた人工衛星「ヴェロニカ」を起動させ、対ハルク用強化アーマーMk.44「ハルク・バスター」を身につけ、暴走を食い止める。
ヨハネスブルグに甚大な被害をもたらしたアベンジャーズの活動に、世界中から批判が湧き上がる。ワンダに見せられた恐ろしい予知夢に精神を毒されたアベンジャーズは、バートンの家族が暮らす農場に匿われる。ソーは自分の見た予知夢の意味を探るため、ロンドンにいるエリック・セルヴィグ博士を訪ねる。スタークは核ミサイルの発射コードを謎の存在がウルトロンから守っているという情報を聞き、ノルウェーのオスロに赴く。
ソーとセルヴィグは洞察にあるノルンの泉に訪れる。そこにある泉は入ることで知識を得られるというものだった。ソーは水中に入って巨大な黄金の手袋の幻影を体験する。それこそがインフィニティ・ガントレット。インフィニティ・ガントレットを入手した者は神も凌ぐ無限のパワーを手にするというもので、セプター(ロキの杖の先の宝石)、オーブ、エーテルや四次元キューブはそれを起動させるのに必要なインフィニティ・ストーンの一つだった。
自分の意識を新たなるボディに移し復活したウルトロンは韓国ソウルで、バナーの友人ヘレン・チョ博士をロキの杖で洗脳し、彼女の人工皮膚細胞テクノロジーと、セプター、奪ったヴィブラニウムを組み合わせ、最強の人工肉体・クレードルを作る準備に取り掛かる。ウルトロンが自分の意識をクレードルにアップロードし始めた時、ワンダは彼の心を読むことができるようになる。ウルトロンの本当の目的が世界の平和ではなく、地球に巨大隕石を衝突させ人類を滅亡させることだと気付き、ピエトロと共にウルトロンから離反し、チョ博士を洗脳から解放する。チョ博士と助手2名は気絶させられ、ウルトロンはクレードルを運び去る。ロジャース、ロマノフ、バートンがアップロードを阻止しようと交戦するが、謎の石が埋め込まれたクレードルは奪えたものの、ウルトロンはロマノフを捕虜にして逃げる。
クレードルを確保したスタークは、人工知能J.A.R.V.I.S.が生きているのを明らかにし、クレードルにアップロードしようと試みる。ロジャースはそれに激しく反対し、とうとう仲間同士での戦いにまで発展する。その時、予知夢からインフィニティ・ストーンについて知ったソーが戻り、ムジョルニアの雷を使ってクレードルを起動させる。クレードル内の人工肉体はヴィジョンとして誕生する。ソーが仲間に“インフィニティ・ストーン”のパワーを説明する。ヴィジョン自身も、J.A.R.V.I.Sでも無く、ウルトロンでもないと語る。ヴィジョンはウルトロンが地球の生命体にとって脅威であるとし、彼の計画を阻止するためアベンジャーズとともに戦いに赴くことを決心する。当初はヴィジョンを疑っていたアベンジャーズであったが、ヴィジョンがソー以外持ち上げられなかったムジョルニアを持ち上げたことで信用する。ワンダとピエトロも戦闘服に着替え、スタークは新型アーマーMk.45とJ.A.R.V.I.Sに代わるF.R.I.D.A.Y(フライデー)と呼ぶ新たな人工知能を起動。
アベンジャーズとピエトロ、ワンダ、ヴィジョンはウルトロンの計画を阻止するため、捕えられたロマノフが発信した暗号からソコヴィアに向かう。ウルトロンは自らの肉体をさらに強化し、隕石として使用するために街全体を空中に持ち上げることのできる装置を建造している。巨大な街全体が上昇していく中、バナーがロマノフを救出し、アベンジャーズはウルトロン・セントリーと交戦する。フューリーもヘリキャリアーで参戦し、市民を逃す支援をする。スタークはヴィジョンとソーと一緒になり、ウルトロンを攻撃する。そこにハルクが登場し、ウルトロンを遠くまで殴り飛ばし、ウルトロン・セントリーは退却する。そこでウルトロンはクインジェットを奪って攻撃を仕掛け、子供を救おうとしたバートンはウルトロンが乗るクインジェットに狙い撃ちされてしまう。彼を守ったピエトロが被弾し、死亡する。そのことを知ったワンダはテレキネシスを暴走させる。ハルクはウルトロンを叩き出し、上昇するクインジェットに自ら搭乗し、いずこかへと去る。ワンダは墜落したウルトロンの心臓を抉り取って破壊するが、ウルトロン・セントリーの一体が装置を作動させてしまう。街が急降下し始めるが、ソーとスタークによって空中に浮いたソコヴィアの街を破壊し危機を脱する。ヴィジョンはウルトロンの最後の1体に勝利する。
アベンジャーズはニューヨークの一角に新たな基地を建設し、フューリー、ヒル、チョ博士とセルヴィグが運営する。ソーはインフィニティ・ストーンの謎を解明するため、アスガルドに帰る。バートンは愛する家族のためにアベンジャーズを去る。そして、今回の悲劇の発端をつくったスタークもまたアベンジャーズから去る決心をする。ロジャースとロマノフはアベンジャーズの新加入メンバー、(スタークの親友ローディ、兄を失ったワンダ、クレードルを得たJ.A.R.V.I.S.であるヴィジョン、ロジャースの相棒であるウィルソン)達のトレーニングを開始する。
その頃アスガルドのオーディンの宝庫にてサノスはインフィニティ・ガントレットを起動するため、インフィニティ・ストーンの回収を自ら行うことを決め、「よかろう 私の出番だ。」と宣言した。

スポンサードリンク


『アントマン』(2015年)

f:id:keiyamamoto413:20170713223343j:plain

 

ストーリー

かつて3年前に窃盗罪で服役していたスコット・ラングは、無事刑期を終えて出所した。スコットは更生を心に誓い再出発するが、そんな彼に世間の風は冷たかった。たとえ職に就いても前科が知られた途端にクビ。離婚した妻とその再婚相手を訪ねても、浴びせられるのは冷たい言葉ばかり。娘のキャシーが慕ってくれることだけが唯一の救いだが、養育費の未払いを理由に、娘と会うことまで禁止される始末。どん底に追い込まれたスコットは、昔の窃盗団仲間のルイス、デイヴ、カートらと合流して再び犯罪の道へと戻ってしまうのだった。
そんな折、とある富豪が屋敷を留守にしているとの情報を得て、彼らは現場へ急行する。鮮やかな手際で屋敷へ潜入、金庫を開けたスコットだが、そこで見つけたのは、金属のヘルメットと革のスーツから成る奇妙なコスチュームだった。戦利品が金でなかったことに落胆しつつ、とりあえずコスチュームを着てみるスコット。その途端、彼の身体はアリのようなサイズに縮小してしまった。浴槽が大海となり、ネズミが巨大な猛獣となる、かつてない体験がスコットを翻弄する。命からがらなんとか元のサイズに戻れたスコットは慌ててコスチュームを返しに行くが、その時にはすでに警察に犯行を察知されており、スコットはあえなく逮捕された。
その時彼の身柄を引き取ったのは、先程の件の屋敷の主であり、天才科学者と名高いハンク・ピム博士であった。潜入技術に長けた人材を求めていたピムは、実はわざと屋敷を空けて侵入者の来訪を待っていたのだ。スコットの手腕を見込んだピムは、彼に「アントマン」になってほしいと依頼する。
実はピムは、かつて平和維持組織S.H.I.E.L.D.に所属しており、自ら開発した身体縮小スーツをまとって「アントマン」となり、エージェントとして数々の極秘任務をこなしていたのだ。彼は物体縮小技術の悪用を恐れ、長年その理論を秘匿にしてきたのだが、近年になり、彼の弟子だったダレン・クロスが遂に縮小技術を解き明かしたという。ダレンは身体縮小スーツを軍事に転用し売りさばく計画を立てており、あろうことか秘密結社ヒドラを取引相手に挙げていた。もしこれが実現すれば、世界規模の混乱が巻き起こることは必至。阻止するには、警戒厳重なダレンの本拠に潜入し、試作スーツを奪取した上で全てのデータを破壊しなければならない。出来る者はアントマンだけだ。
危険な任務に尻込みするスコットであったが、「娘に顔向けできないコソ泥として一生を過ごすよりはマシだ」とピムに説得され、渋々アントマンになることを承諾する。ピムの娘ホープがトレーナーとなってスコットに体術・格闘術を仕込むことになったが、彼女の非協力的な態度にスコットは面食らう。過去のある事件を機にピムとホープの仲は険悪となっており、事ある毎に衝突しているのだった。スコット達が揉めている間にも、ダレンは軍事用スーツ「イエロージャケット」の開発を着々と進めている。果たしてアントマンはミッションに間に合うのか。失敗続きの男と問題だらけのチームは、世界の危機を救えるのだろうか?

 

アベンジャーズのフェイズ2を復習したい!

『アイアンマン3』(2013年)

エージェント・オブ・シールド SEASON1(2014年・ABC制作のドラマ)
『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)

エージェント・オブ・シールド SEASON2(2014年・ABC制作のドラマ)
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
『アントマン』(2015年)(2011年)

『アベンジャーズ』(2012年)はU-NEXTで全部見れます!今の内に復習しておきましょう!

こちらから⇩

『 U-NEXT 』
日本最大級の配信本数! 
  配信本数はなんと120,000本以上!しかも毎月2,000本以上が更新されます。
  レンタルしようとしてたあの映画、見逃したあのドラマなど、
あなたの「観たい!」がきっとみつかります!
  ※成人向け作品も31日間無料トライアルで視聴可能ですが、ペアレンタル
  ロック機能で非表示にすることも可能です。

◆ いつでもどこでも好きな時に視聴可能! ◆
  お持ちのパソコン・スマホ・タブレット・テレビで視聴できます!
  さらにオンデマンドだから、あなたのお好きな作品を、
  好きな時に、好きなだけお楽しみいただけます!

アベンジャーズのフェイズ3へ

 

keiyamamoto413.hatenablog.com