KEI YAMAMOTO が KEY になった KOTO

会社員している傍ら趣味で音楽制作をしており、たまにDJ活動をしております。 このブログは自分がとにかくKEYになったKOTO(気になった事)をどんどん書いていこうと思っております! メインとしては、メルカリ・映画・音楽・芸能・ドラマを取り上げております。 その情報がみなさんの日々の生活に楽しいオプションとしてひとつでも増えたらいいなと思っております。

【映画】マーベル映画 MCU 公開順 公開予定 フェイズ4

f:id:keiyamamoto413:20201021220542j:plain

久々マーベル映画について更新しますね。

コロナ渦で、どんどん映画公開の延期になっていましたね。

はやく私はヒーローに一刻も会いたい!と思ってたら、最近『鬼滅の刃』を観て号泣してきたところです。

さて、来年の4月からはMCU、マーベル映画を見に行くのに忙しくなりそうですね!

今回は、MCUの公開順や新情報を調べていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

目次

 

ワンダヴィジョン

f:id:keiyamamoto413:20201021221056j:plain

2020年末 ディズニープラスにて独占配信

マーベルが贈る 初のオリジナルドラマ

「アベンジャーズ」のマーベル・スタジオが贈る初のオリジナルドラマシリーズ。「アベンジャーズ / エンドゲーム」公開から約1年半、ワンダとヴィジョンの "その後" が、シットコム(シチュエーション・コメディ)のスタイルで描かれる。「ゲーム・オブ・スローンズ」などのエピソード監督を務めたマット・シャックマンがメガホンを取り、エリザベス・オルセン、ポール・ベタニーが「インフィニティ・ウォー」以来となる共演。

 

ワンダマキシモフ(エリザベス・オルセン)

f:id:keiyamamoto413:20201021221332p:plain

テレキネシス能力と心理操作の力を併せ持つ超能力者。最凶の的サノスすら凌ぐほどの強大な力を秘めている。同じアベンジャーのメンバー、ヴィジョンとは相思相愛の仲。

 

ヴィジョン(ポール・ベタニー)

f:id:keiyamamoto413:20201021221608j:plain

アイアンマンをサポートする人工知能ジャーヴィスとマインド・ストーンの融合で誕生した人造人間。気高き精神と数々の超人的能力を持つ。

命を落としたはずだったが・・・?

 

ブラック・ウィドウ

f:id:keiyamamoto413:20201021222258j:plain

彼女はなぜアベンジャーズになったのか

「アベンジャーズ / エンドゲーム」で衝撃の決断を下した人気キャラクター、ブラック・ウィドウ / ナターシャ・ロマノフの初の単独映画。孤独な暗殺者ブラック・ウィドウはなぜアベンジャーズになったのか。彼女を暗殺者に育てたスパイ組織レッドルームの恐るべき陰謀とは?彼女の謎に包まれた過去と秘密が明かされる。スカーレット・ヨハンソンが八度目となるブラック・ウィドウ役を演じ、その "妹" エレーナ役に「ミッドサマー」のフローレンス・ビュー。

 

スポンサードリンク

ブラック・ウィドウの知られざる過去(物語的には『シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ』と『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』の間の話)を描くわけですが『アベンジャーズ:エンドゲーム』での彼女の運命を考えると彼女がこの先スクリーンに登場する可能性はないはず。ではなぜMCUのフェイズ4の第一弾映画にこの作品を持ってきたのか?

この作品で提示される "なにか" がこれからのMCUの大きな影響を与える?

フローレンス・ピュー演じるエレーナ・ベロワは原作では2代目のブラック・ウィドウで、本作に登場するタスクマスターはメーベルの中でも人気のヴィランです。この映画にはウィリアム・ハート演じるサンダーボルト・ロスも姿を見せています。彼らはコミックでは "サンダーボルツ" というチームを結成します。

フェイズ4にこのチームは出てくるのか?

さらにナタージャがエレーナに顔を変えて活動していたなんていうエピソードも原作にはあったので、もしかするとスカーレット・ヨハンソンとフローレンス・ピューが実は顔を交換していた!という、映画『フェイス / オフ』のような愕然な展開も?一方、本作ではこれからのMCUに関わる超目玉ヴィランが登場の噂もあるのです。

 

ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)

f:id:keiyamamoto413:20201021224020j:plain

世界最高のエージェントにして超一流の暗殺者。「アイアンマン2」で初登場し、アベンジャーズの一員として計7本の作品に登場。因縁の地であるブタペストが今回の部隊の一つ。

 

「ブラック・ウィドウ」公開延期でフェイズ4どうなる?

f:id:keiyamamoto413:20201021224238j:plain

『ブラック・ウィドウ』の劇場公開、『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』配信が延期されたため2020年に唯一楽しめるMCUが本作。注目したいのは死んたはずのヴィジョンがなぜ出てくるのか?

MCU初のシットコムな世界観とは一体どういうことなのか?

ですが原作コミックではワンダは現実を変える力を持っており、彼女の力が作り出したもう一つのちょっと不思議な現実世界なのかもしれません。

予告編を観る限りこの作品には2人の間に双子が生まれるようですが、コミックでは彼らはウィットカン、スピードという超人になります。

『ホークアイ』のドラマに登場すると言われている2代目ホークアイことケイト・ビショップ(演じるのはへーリー・スタンフェルド)らとともに彼らは若手ヒーローによる "ヤング・アベンジャーズ" というチームをつくのでその布石?

さらに『キャプテン・マーベル』で主人公を応援したあの女の子モニカ・ランボーが成長してソード(シールドに対してこういう組織があるのです)のエージェントとしてこのドラマで活躍するらしくMCUにソードをデビューさせる作品になりそうです。

また本作は映画『ドクター・ストレンジ』の続編にもつながるようです。

 

スポンサードリンク

MCUフェイズ4の公開スケジュール!

f:id:keiyamamoto413:20201021224420p:plain

『ブラック・ウィドウ』の公開延期に伴い、今後のMCUの劇場公開スケジュールが改めて発表になりました(上記のスケジュール参照)。

これらの合間をぬってディズニープラスでいくつかのMCUドラマが配信されるわけです。MCUは綿密に作品ごとのつながりを計算しています。しかしウィルス禍によりスケジュールが大幅に狂い、ブラックパンサー役のチャドウィック・ボースマンさんの逝去によって、色々なことを練り直している可能性もあります。(『ブラック・パンサー2』はフェイズ5の最初の作品とされ、2020年5月6日全米公開予定)※シュリ役のレティーシャ・ライトが今後主役となっていく予定ですが、本人は兄と慕っていたチャドウィック・ボーズマンが亡くなったことでブラックパンサー2の撮影にはやる気が起きない。今はなくなったことを悲しむ時間が必要であるとのこと。

まず注目したいのは『シャンチー』と『エターナルズ』の公開順が変わったことです。

『シャンチー』は肉体的アクション活劇で若手のヒーローだから、"スパイダーマン" と被ると判断し公開時期をはなしたのかもしれません。

フェイズ4はMCUドラマの『ワンダヴィジョン』で始まり映画『ドクター・ストレンジ~』(サム・ライミが監督ということでも楽しみ!)で締めるようですが、ワンダが『ドクター・ストレンジ~』に出るらしいのでこの2作のリンケージは強い。そしてどちらもマルチバース(この宇宙には可能性の数だけ世界が存在し、それらはパラレルワールド的に存在するという考え方)を描いており、MCUにマルチバースを組み込むのがフェイズ4の大きな特徴です。この設定を使って『ドクター・ストレンジ~』には別現実のトニー・スタークが登場し、それをトム・クルーズが演じる、との噂もあります!

一方『エターナルズ』(超人族)『シャンチー』(格闘技の達人)という今までのMCUにはなかったタイプのヒーローたちがデビュー。フェイズ3までのヒーローが徐々に減り、新たなヒーローが生まれてくる。ちょっと寂しい気もしますが、こうした中ソー役のクリス・ヘムズワースはまだ引退しないと、ファンにとっては嬉しい発言をしてくれました。まずはとにかく来年ゴールデン・ウィークに無事『ブラック・ウィドウ』に会いたいですね。

スポンサードリンク