KEI YAMAMOTO が KEY になった KOTO

会社員している傍ら趣味で音楽制作をしており、たまにDJ活動をしております。 このブログは自分がとにかくKEYになったKOTO(気になった事)をどんどん書いていこうと思っております! メインとしては、メルカリ・映画・音楽・芸能・ドラマを取り上げております。 その情報がみなさんの日々の生活に楽しいオプションとしてひとつでも増えたらいいなと思っております。

【メルカリ】メルカリで出品するコツを教えます!洋服編 パート 1

f:id:keiyamamoto413:20191224223959p:plain

はい、どうも!
メルカリのことを「お金が入る断捨離システム」と言いながら、商品を次々に売り、
今では200商品完売し、良い評価を得た私が今回伝えたいのは....。

 

「この商品が多く売れている事で信頼されやすい!」

 

が今回のテーマです!

前回お伝えした一番はじめの心構えののゴールは、購入する方の信頼を得ることです。

keiyamamoto413.hatenablog.com

ここをクリアすると自然に信頼される、良い評価を得られる仕組みに繋がっていくと思います。

 

スポンサードリンク

目次

 

この商品が多く売れている事で信頼される

メルカリは出品できるものは様々で、如何わしいもの以外はほとんど出品できます。
そのため、いろいろ商品が販売できる事から、全ての商品を同じ方法で販売してしまう。

 

それでは、売れません。

 

そのため今後は商品ごとに販売する方法を伝えていければなと思っております。


まずは今回のテーマにもあったように、この商品を売ることができれば信頼されやすいといったもの。
それは、みなさんの身近にある商品ですぐに捨ててしまうものですね。

 

「洋服」

 

サイズが変わってきたり、洋服のデザインに飽きたり、ボロボロになってきたり。
しかしながらメルカリでは、よほどボロボロになっていない限り売れます!
私は最初洋服が売れたときは正直びっくりしましたね。
そして高評価!

自分では、

 

「これはもう着ないな=価値が限りなく0に近い」

 

と気持ちになりますが、他の人から見たら

 

「欲しいと思っていた商品、値段が安い=価値がかなり高い」

 

となっているかもしれない。
可能性は自分で塞がないということですね。

 

また、洋服を販売して高評価を得ている人は、大切に商品を扱っている証でもあります。他人が身につけているものですから、臭いもあるだろうし、汚れなどもあると思います。そういうものがすべてクリアになったとなると、清潔感があると購入者から判断されます。
そのため、洋服を販売していて高評価の出品者は信頼を持てるということに繋がってきます。

そんな信頼を得るきっかけとなる商品をどうやって販売していくのか?
気になる方はぜひこの続きをチェックしていきましょう!

 

商品名はどういう風に記載すればいいの?

前回にも記載した通り、ブランド名を先に記載した方がよりわかりやすい。

 

【メルカリ】メルカリで出品するコツを教えます!

商品名はどういう風に記載すればいいの?


ネットショップのサイトを見てもブランド名が先に記載されてますよね。
まずはブランド名でレベル感を判断することで、検討がしやすくなります。

また、画像ですでに洋服が表示されていますので、商品名は画像で理解しています。
そのため、次に目に入れるべき内容は、ブランド名ですね。
そうすれば効率良く、スピーディーにどういう商品か理解しやすいというメリットがあります。

 

スポンサードリンク

出品する商品はどういう風に撮ればいいの?

基本は以下の4つ

  • 正面
  • ブランドのタグアップ
  • 背面
  • 傷やとれない汚れなどあればその箇所をアップ

 

まず購入者が一番最初に見る画像です!

f:id:keiyamamoto413:20191222124747p:plain


そして、ブランドタグ、背面、生地の詳細タグなど。

f:id:keiyamamoto413:20191222124836p:plain f:id:keiyamamoto413:20191222125225p:plain

f:id:keiyamamoto413:20191222125344p:plain

 

傷や汚れなどあった場合は

 

 

傷や汚れがあっても売れるの?!って思いますよね。
それでも、相当な目立つ汚れがない限り売れます。

 

撮影する前の2つのポイント!

  • アイロンをかけてシワを見せないようにする
  • 汚れがないかチェック(洋服は漂白してきれいにしておく、それでも汚れがとれない場合は後にその部分をアップした画像を撮影)

撮影画像は、全部同じ大きさにしましょう。
長方形だったり正方形だったりすると統一感がなく、この出品者は雑と判断され、購入者の信頼が消えてしまいます。

撮影の方向もそうですね、正面の場合や背面の場合は決まった角度で常に撮影しましょう。

また、ハンガーをかけて出品している方もいらっしゃいますが、見た目非常に残念な状態で画像をお見かけします。
ハンガーの大きさがあっていて、洋服がしっかりシワがなくピンとした状態で撮影しているのであれば問題ないですが、ハンガーの大きさがあっていない状態で、洋服がしわしわになって下に垂れ下がっているような状態の画像をお見かけします。


これは勿体ないですねー。


私が思う一番良い撮影方法としては床に据え置きした状態がベストだと思います。
洋服の形を崩すことなく撮影できると思います。
シワもできにくいですよね。

もしシワができていたら両端を引っ張ってなくすこともできますしね。

 

あと忘れてはいけないのは事前に臭いのチェック!!

服の中では一番のポイントですね。

臭いがする場合は柔軟剤を使用、生乾きの場合は熱湯で消毒すると消える事がありますのでいろいろ工夫しながら、きれいにしていきましょう!

もし嫌な臭いがした場合は、評価につながります!

ここが一番大事ですね!

 

傷や汚れなどあった場合の撮影

f:id:keiyamamoto413:20191222125417p:plain

傷や汚れなどあった場合は、文章で説明するだけでは分かりづらいので、傷や汚れの箇所に赤い丸をつけた画像を作成しましょう。

f:id:keiyamamoto413:20191222172014p:plain

さらにメルカリはみなさんスマホで見ている方が多いと思いますので、アップした画像を掲載すると購入する方も見えやすいと思います。

ちなみに一眼レフ(一眼)などのカメラを持っている人は、そのカメラを使用して撮影した方がより鮮明に写りますのでいいですね。
説明欄に、「傷や損傷などは 3 枚目の画像を参考にしてください。」
と表記すると良いでしょう。

 

説明欄はどういうふうに記載すればいいの?

私が記載した内容は以下になります。

f:id:keiyamamoto413:20191222172139p:plain

  • 商品の状態
  • どのくらいの大きさ
  • なぜ出品することになったのか (良い評価が増えてきたらここは外しても問題ないと思います)
  • いつから使用しているか(ここは質問があったらでいいと思います)
  • 商品のレビュー(できればあった方がいい程度)

前回のブログにも記載したとおり、商品の状態と、どのくらいの大きさかは必要な詳細ですね。

 

次回は、「商品の詳細」「配送について」「販売価格」についてのコツを記載していきたいと思います。

スポンサードリンク