KEI YAMAMOTO がKEYになったKOTO

会社員している傍ら音楽制作のお仕事もしております。 たまにDj活動しております。 このブログは自分がとにかくKEYになったKOTO(気になった事)をどんどん書いていこうと思っております! その情報がみなさんの日々の生活に楽しいオプションとしてひとつでも増えたらいいなと思っております。ぜひとも今後とも応援をよろしくお願いします。

【映画】ワンダーウーマンの強さ、あらすじ、ネタバレから公開日....。

f:id:keiyamamoto413:20170709205500j:plain

はじまりますね!8/25(金)に上映開始ですね!

最強の美女戦士!!!

f:id:keiyamamoto413:20170709211718j:plain

2016年3月25日に公開された「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕」の映画の中で、「え?だれ?あの美女戦士は???」

ってずっと疑問に思っていた方は大勢いたと思います。

日本はアメコミの存在は知らなくても、映画で知っている人は多いですよね。

もちろんこの女性戦士。

アメリカのアメコミ出版社DCコミックスの作品に登場する、飛行能力などを持つ怪力の美女戦士。誕生から75年以上たった現在も世界中で愛されている。

しかも情報によると、ワンダーウーマンは、昨年米Entertaiment Weekly誌が発表した「最強のスーパーヒーロー トップ50」で、バットマン、スパイダーマンといった数々の有名男性ヒーローをおさえて第1位に!

ほかを圧倒する強さと人気の高さを見せつけたのです!

ということは、今回ヒーロー映画の中でも、かなり力が入っている作品であり、一つのムーブメントが始まる予感がしてならないですね!

今回はこの「ワンダーウーマン」について情報を記載していきたいと思います。

 

目次

 

スポンサードリンク

 

あらすじ

f:id:keiyamamoto413:20170709213800j:plain

「プリンセスがなぜ、最強の美女戦士に?!?!」

女性だけの島で育ったアマゾン族のプリンセス・ダイアナ。

ある日、島に漂流したアメリカ人パイロットの男性スティーブを見つけたことで、ダイアナの運命が大きく動きだす、彼女は生まれて初めて見た男性スティーブと故郷を離れ、彼が暮らすロンドンへ行くことを決意。そこでは戦争が起きており、ダイアナは「世界を救う」という使命を胸に、”無敵のスーパーヒーロー”ワンダーウーマンとしてのパワーを開花させていくことに・・・。劇中では、ワンダーウーマンことダイアナがその当時を振り返って、「昔は守りたかった。この美しい世界を。でも近づくほどに、それだけ闇も増えた。それは困難だと遠い昔に知った。」と、意味深な発言をする場面も。果たして、ワンダーウーマン誕生の裏に隠されたヒミツとは?これまでの多くの謎に包まれていた、史上最強の女性スーパーヒーローにまつわる真相が全て明らかになる!

 

キャスト

ダイアナ・プリンス / ワンダーウーマン >ガル・ガドット

f:id:keiyamamoto413:20170709213923j:plain

生年月日 1985年4月30日(32歳)
出生地  イスラエル
配偶者 Yaron Varsano (2008 - )

 

イスラエルに生まれる。イスラエルには兵役義務があるため、18歳の時から2年間、イスラエル国防軍で戦闘トレーナーの職務に就いていた。映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で、ワンダーウーマンを演じるにあたりトレーニングしていた際、「軍でトレーニングをしていた頃をすごく思い出したわ」と、兵役時代の経験が役作りの役に立ったと語っている 。
彼女は2004年度のミス・イスラエルである。

2007年にテレビドラマ『Bubot』で女優としてデビューし、

2009年公開の『ワイルド・スピード MAX』で映画デビューした。

この映画を見た後もこの女優を検索した記憶があります!いつか主人公にならないかなと思っていたら今回のワンダーウーマンで抜擢!嬉しいですね!

f:id:keiyamamoto413:20170709214454j:plain


2008年9月、『ワイルド・スピード MAX』撮影中にボーイフレンドと結婚した。

 

 

Happy #ValentinesDay to you all @jaronvarsano everyday with you is valentine’s day. Love you to the stars and back ❤️

Gal Gadotさん(@gal_gadot)がシェアした投稿 -

 

ガル・ガドットの夫は、イスラエルの不動産開発業者、ヤロン・ヴァルサルノ(Yaron Versano)身長は185cm。ガル・ガドットより10歳年上だそうなので、今41歳だと思われます。

イスラエルでのパーティーで出会い、2008年に結婚しました。2011年にアルマちゃんという娘を出産しています。

2017年3月にマヤちゃんが生まれたばっかり!!3月20日にTwitterで生まれたことを写真と共に投稿しました。

夫ヤロンとのラブラブ2ショット。結婚して約10年弱なのにラブラブなのは羨ましいです!「あなたといると毎日がバレンタインデー」と甘い言葉と共にInstagramに投稿しています


2016年、DCコミックスを実写化した映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のワンダーウーマン役で一気に注目される。

2017年、パティ・ジェンキンス監督作『ワンダーウーマン』で映画初主演。オープニング興行収入で首位となり、初週末の興行収入は女性監督作品として史上最高記録を更新した。

 

実は「007/慰めの報酬」のボンドガール役のオーディションが女優として最初だった。本人は当時をこのように語っております。

『あれは私の本当の最初のオーディションだったの。イギリスのキャスティング・ディレクターがイスラエルに来て、ボンドガールを演じる女の子を探していた。私はまだ女優さえなかったけれど、オーディションを受けた。役はもらえなかったけれどね。でも、私がいつも言うことだけれど、すべてのことは理由があって起きるのよ。だってそのプロセスを経験しったことで、私は女優になりたいということに気づいたの。そのときまでは私は大学で、法律と国際関係を学んでいたけれど、オーディションを経験したことで私は女優になりたいと気づいた。タイミングがすべてなの。そのときにはたぶんまだ私は準備できていなかった。すべてのことが、わたしが本作をやる準備ができているようにしてくれたのよ。』

 

スティーブ・トレバー>クリス・パイン

f:id:keiyamamoto413:20170709220139j:plain

生年月日 1980年8月26日(36歳)
出生地 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
身長 185 cm

 

クリス・パインは俳優であるロバート・パインとグウィン・ギルフォードの間に生まれました。

f:id:keiyamamoto413:20170709220608j:plain

カリフォルニア大学で英語を専攻し、アメリカン・コンサバトリー・シアターとイギリスのリーズ大学で演技を学ぶ。舞台を経験した後、03年に人気TVシリーズ「ER」や「CSI:マイアミ」などに出演。翌年、「プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング」でスクリーンデビューを果たし、「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」などに出演。J・J・エイブラムス監督「スター・トレック」でジェームズ・T・カーク役に抜擢され、直感的で無鉄砲な主人公を熱演しスター候補に。その後はオファーが押し寄せ、トニー・スコット「アンストッパブル」やマックG「This Means War」に出演するほか、4代目ジャック・ライアンに内定している。

スポンサードリンク

 

ヒッポリタ女王>コニー・ニールセン

f:id:keiyamamoto413:20170709221018j:plain

生年月日 1965年7月3日(52歳)
出生地 フレゼリクスハウン
国籍 デンマーク

 

コペンハーゲンで育った。15歳の時にデンマーク国内のテレビや舞台に出演。18歳の時にフランス・パリに移り、モデルとしてもキャリアを重ねる。1984年にフランス映画で映画初出演する。1988年にイタリアのテレビシリーズに出演。
1996年にアメリカ合衆国に移り、翌年公開の『ディアボロス/悪魔の扉』で、英語圏の映画作品に初出演する。2000年のリドリー・スコット監督アカデミー作品賞『グラディエーター』のコモドゥス(ホアキン・フェニックス)の姉役で国際的に名前が知られるようになる。
デンマーク人であるが、彼女にとって初のデンマーク映画は2004年の『ある愛の風景』である。この作品でサン・セバスティアン国際映画祭とデンマークアカデミー賞の最優秀主演女優賞を受賞。ヨーロッパ映画賞の女優賞にもノミネートされた。

 

1991年に長男を出産。現在はニューヨーク在住。2004年から2012年までメタリカのドラマー、ラーズ・ウルリッヒと交際し、2007年5月21日に二人の子供である男児を出産した。

f:id:keiyamamoto413:20170709221211j:plain
デンマーク語・英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・スウェーデン語の6か国語に堪能。

 

アンティオペ将軍>ロビン・ライト

f:id:keiyamamoto413:20170709221402j:plain

生年月日 1966年4月8日(51歳)
出生地 テキサス州ダラス
国籍 アメリカ合衆国
配偶者 ディーン・ウィザースプーン(1986 - 1988)
ショーン・ペン(1996 - 2010)

 

テキサス州ダラスで生まれ、サンディエゴで育つ。14歳からモデルとしてパリや日本で活躍したが、高校卒業後に女優になることを決めた。
1984年にテレビドラマ『サンタ・バーバラ』に出演しするようになり、3回デイタイム・エミー賞にノミネートされた。1987年公開の『プリンセス・ブライド・ストーリー』で映画デビュー。1994年公開の『フォレスト・ガンプ/一期一会』で一躍注目を浴び、ゴールデングローブ賞 助演女優賞などにノミネートされた。
2013年から公開のテレビドラマシリーズ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』に出演し、第71回ゴールデングローブ賞のテレビ部門で女優賞(ドラマ部門)を受賞する。また、5エピソードの監督も務めた。
1996年にショーン・ペンと結婚後から芸名をロビン・ライト・ペンに改名。2010年にショーン・ペンと離婚後芸名をロビン・ライトに戻した。

 

エリック・ストルツ、ケビン・コスナー、チャーリー・シーンなどと噂になり、1986年には俳優のディーン・ウィザースプーンと結婚したが2年で離婚 。
1991年から俳優のショーン・ペンと交際(同棲)を始め、1996年に再婚。1991年に長女(ディラン・フランシス)を、1993年に長男(ホッパー・ジャック)を出産。2007年12月に離婚を申請したが、2008年4月に申請を取り下げた。しかし、再度離婚を申請し2010年7月正式に離婚が成立した。
2014年1月、俳優ベン・フォスターとの婚約を発表した。

 

監督には珍しい女性!パティー・ジェンキンズ監督

f:id:keiyamamoto413:20170709222416j:plain

生年月日 1971年7月24日(45歳)
出生地 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ヴィクターヴィル
職業 映画監督、脚本家

 

1971年7月24日、カリフォルニア州ヴィクターヴィルに生まれる。

父親の職業が戦闘機の操縦士であったことから、幼少の頃は世界各地を転々としていた。

高校で音楽と写真を学んだのち、クーパー・ユニオンで絵画を学んだ。アメリカン・フィルム・インスティチュートでは演出を学んだ。
2003年、シャーリーズ・セロン主演の『モンスター』で長編映画監督デビューを果たす。2017年、ガル・ガドットを主演に迎えた監督作品『ワンダーウーマン』が公開される予定である。

 

ガル・ガドットへ「パティー・ジェンキンズ監督の女性ならではの視点がどのように本作が生かされていると思いますか?」の問いに答えてくれた。

『パティーはこお映画を監督するのに最適な人よ。彼女が女性であろうとなかろうとね。彼女はとても才能ある監督で、頭が良くて、情熱的。この映画が必要としていたすべての能力をもっていたの。彼女はマジカルなシーンが撮れるまで、何度もテイクを重ねた。彼女は完全主義者だから、巻完璧なことができるまで決して止めなかったし、私達全員をもっと一生懸命働こうという気持ちにさせてくれた。私達みんながベストになりたいと思ったのよ。』

 

海外では日本より一足早く公開された映画『ワンダーウーマン』は北米でわずか3日の間に、1億ドルを超える興行収入を記録。本作でメガホンを取ったパティ・ジェンキンスは、サム・テイラー=ジョンソン(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)の記録を大幅に塗り替え、女性監督として最高記録を樹立しました。

スポンサードリンク

 

原作「ワンダーウーマン」について

f:id:keiyamamoto413:20170709223444j:plain

人物

1941年の『オールスターコミックス』#8に初登場。

著者はウィリアム・モールトン・マーストン (William Moulton Marston) 。1986年に一時連載が中断されたものの、2007年現在もDCコミックスから出版されている。
本名はダイアナ。身長182.8センチメートル、体重74.8キログラム。髪の色は黒、瞳は青。
特殊能力は、高い耐久力と怪力、亜光速での飛行能力、動物とテレパシーで意思の疎通ができる、など。伝統的な武術を知り抜いており、剣、斧、弓術を会得している。卓越した戦術家であり、外交官でもある。以上のように、かなり強力な存在であり「地上最大級の力」を備えている。
それもそのはずで、彼女は人間ではなく、粘土から生まれた存在である。ダイアナの母であるヒッポリタは、3万年前に死んだ女性の転生した姿であり、彼女はかつて産んだ子供との再会を欲していた。

オリュンポス十二神からの神託に従い粘土をこねて赤ん坊の姿にしたところ、神々が命を吹き込んだ。こうして誕生したのがダイアナである。ヒッポリタは、女だけの一族「アマゾン族」の女王であり、その娘のダイアナはプリンセス・ダイアナと呼ばれた。
アマゾン族は、パラダイス島で人間界から隔離されて生きており、島に入るには不思議な障壁を通り抜ける必要があった。かつて、この障壁を通り抜けて不時着した女性、ダイアナ・トレバーは、アマゾン族を守るために命を落とすこととなり、彼女を称えて星条旗を模した衣装が作成された。これがワンダーウーマンの衣装であり、また粘土から生まれたダイアナの命名の由来である。後に息子のスティーブ・トレバーも島に不時着し、ワンダーウーマンをアメリカへ向かわせる事になった。

武器・装備

真実の投げ縄

f:id:keiyamamoto413:20170709223654j:plain
ヘーパイストスが鍛造したもの。輪に捕らえた者に真実を告白させる事ができる。


銀の腕輪

f:id:keiyamamoto413:20170709223823j:plain
両手首に装備した腕輪は、弾丸などの投擲武器等を弾く能力がある。

 

ティアラ

f:id:keiyamamoto413:20170709224325j:plain

ワンダーウーマンの額に輝くティアラは、彼女がアマゾン族のプリンセスであるという証。


インビジブル・ジェット

f:id:keiyamamoto413:20170709223913g:plain
以前は飛行能力は持たない設定であり、透明飛行機を所有している。

 

 

ワンダーウーマンに関わっている「ジャスティス・リーグ」の時系列

  1. 『マン・オブ・スティール』(2013年)
  2. 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)
  3. 『スーサイド・スクワッド』(2016年)
  4. 『ワンダーウーマン』(2017年8月25日公開予定)
  5. 『ジャスティス・リーグ』(2017年公開予定)
  6. 『ザ・フラッシュ』(2018年公開予定)
  7. 『アクアマン』(2018年公開予定)
  8. 『シャザム』(2019年公開予定)
  9. 『ジャスティス・リーグ/パート2』(2019年公開予定)
  10. 『サイボーグ』(2020年公開予定)
  11. 『グリーンランタン/コープス』(2020年公開予定)
  12. 『ザ・バットマン』(公開日未定)

 

 つまり、2017年の『ジャスティス・リーグ』を見るためには、4つのDCコミックス映画を見ておかないといけません(『マン・オブ・スティール』、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』、『スーサイド・スクワッド』、『ワンダーウーマン』)。

 

また続編の『ジャスティス・リーグ2』の前後にも5つのDCコミックス映画が公開される予定です(『ザ・フラッシュ』、『アクアマン』、『シャザム』、『サイボーグ』、『グリーンランタン/コープス』)。

 

そして最後に、『ザ・バットマン』という新しいバットマンの映画も公開が決定しています。こちらは公開日など未定ですが、こんなにたくさんのヒーローの活躍が見れるとなるとドキドキしますが、数が多いので忘れてしまいそうになりますね。

そんなとき動画配信サイト!こちら!

 

『マン・オブ・スティール』
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
『スーサイド・スクワッド』はU-NEXTで全部見れます!今の内に復習しておきましょう!

こちらから⇩

『 U-NEXT 』
日本最大級の配信本数! 
  配信本数はなんと120,000本以上!しかも毎月2,000本以上が更新されます。
  レンタルしようとしてたあの映画、見逃したあのドラマなど、
あなたの「観たい!」がきっとみつかります!
  ※成人向け作品も31日間無料トライアルで視聴可能ですが、ペアレンタル
  ロック機能で非表示にすることも可能です。

◆ いつでもどこでも好きな時に視聴可能! ◆
  お持ちのパソコン・スマホ・タブレット・テレビで視聴できます!
  さらにオンデマンドだから、あなたのお好きな作品を、
  好きな時に、好きなだけお楽しみいただけます!

 

まとめ

こう見えて恋する乙女?

f:id:keiyamamoto413:20170709232551j:plain

ワンダーウーマン誕生のターニングポイントとなる、ダイアナとスティーブの運命の出会い。彼と出会うまでは、男性を知らなかったダイアナ。けれど、ロンドンで一緒に過ごすうちに二人の関係に変化が・・・。

 

主演のガル・ガドットはリアル美女戦士

f:id:keiyamamoto413:20170709235137j:plain

ガル・ガドットの紹介の記載にある通り、イスラエルには兵役義務があるため、18歳の時から2年間、イスラエル国防軍で戦闘トレーナーの職務に就いていた経験した過去が、ピッタリのハマり役ですね!

 

バットマン曰く「地球上で最強」

f:id:keiyamamoto413:20170709232520j:plain

トップアスリート並みに運動神経に、戦車を軽く持ち上げるほどの怪力、さらにほぼ不死身の体まで持つワンダーウーマン。そんな彼女の強さは、最強の超人チーム「ジャスティス・リーグ」の仲間でもあるバットマンもお墨付き!彼いわく「地球上で最強」とか。

 

実はコミカルな一面も!

f:id:keiyamamoto413:20170709232743j:plain

強くて、美しくて、聡明。どこをとっても完璧に見える彼女だけれど、人間社会に慣れてないせいか、クスッと笑える行動を取ることが。回転ドアにぶつかったり、ドレス姿のまま四股を踏んだりするなど、劇中でいくつか天然エピソードを披露している。

 

とにかく強すぎる!

f:id:keiyamamoto413:20170709232808j:plain

一度戦闘モードに入れば、銃弾を弾き飛ばし、華麗な剣さばきで敵を次々と倒してしまうほど無敵!!面白いほど強すぎる彼女のアクションにも注目!!

 

今回のヒーローもの映画の主人公が女性という今までの中では珍しいキャストです!マーベル映画との違いを見せようとするところなのか、DCコミックス映画負けておりません!多分、そんな知らない人は、マーベル映画とDCコミックス映画の違いが分からないかもしれないですね。

最近ヒーローものの映画がたくさん出ましたから同じ世界感で見てしまう現状の人が多いと思います。

今までと違って、最初に個人個人のキャラを主人公にした映画を見せてから集合するのではなく、一回集合した映画を見せてお客様に気になってもらい、個人個人のキャラを主人公にした映画を見る流れが最近多いですね。

ゲームでもFF15もそんな流れになっていますね。

8/25(金)上映開始です!期待して観に行きましょう!

最近海外のセレブ達の間では、ワンダーウーマンのTシャツを着ているそうです。ほしいですね!

スポンサードリンク