KEI YAMAMOTO がKEYになったKOTO

会社員している傍ら音楽制作のお仕事もしております。 たまにDj活動しております。 このブログは自分がとにかくKEYになったKOTO(気になった事)をどんどん書いていこうと思っております! その情報がみなさんの日々の生活に楽しいオプションとしてひとつでも増えたらいいなと思っております。ぜひとも今後とも応援をよろしくお願いします。

【BAND】ドラゴンアッシュ(Dragon Ash) 3年4ヶ月ぶりのアルバムリリース!!どういう人達なの?!

f:id:keiyamamoto413:20170526222740j:plain

今回は昔からずっと好きなDragon ashについて記載していきたいと思います!

実はわし自身、Dragon ashのDrの桜井誠さんがレギュラーで回していた「Ray-Van」という名のイベント。

渋谷asiaで毎月第三金曜日レギュラーでわしも一緒に回していました。

こんな人とも一緒にでました。とても光栄でした。

懐かしいですね。この時は2014年でした。

この回のイベントもかなり盛り上がった。お客様の数も入らなくなるぐらいパンパン....。

f:id:keiyamamoto413:20170526223439j:plain

Ray-Van | EVENT DETAIL | ASOBIPRESS.JP

 

この方も非常にかっこよすぎる!この時のイベントはかなり盛り上がりましたね。どんな曲かけても盛り上がる感じでした。

f:id:keiyamamoto413:20170526223817j:plain

-ASOBITUNES RELEASE TOUR in TOKYO- Ray-Van | EVENT DETAIL | ASOBIPRESS.JP

 

わしこんな感じでした。

f:id:keiyamamoto413:20170526224805j:plain 

f:id:keiyamamoto413:20170526224840j:plain

なつかしいいいい!めっちゃ楽しかったな。

 

目次

 

スポンサードリンク

待ってました。3年4ヶ月ぶりとなるオリジナルフルアルバム

今回なぜこの記事を書きたかったかというと、昔から大好きなバンドで一番青春時代、影響を受けたバンドといっても過言ではないですね。

そんなバンドDragonAshがついに!2014年1月リリースのアルバム「THE FACES」以来、3年4か月ぶりとなる、11枚目のオリジナルフルアルバム。
メジャー20周年を迎えたバンドがスーパーベーシストKenKenの全面的な参加を得て一段と強度を増した鉄壁のDragon Ashサウンドを武器に、さまざまな音楽遍歴を積み重ねたKjが作り出す、優しさと強さをあわせもつ比類なきリリック、そしてメロディがダイナミックに、そしてより緻密に混ざり合い、メモリアルイヤーに相応しい金字塔アルバムがここに完成。

 

 Dragon ash 11th Original Album

[MAJESTIC]  2017.5.13 OUT!

 
 
ここまでざっと最近のニュースって感じでしたが、Dragon ashってそもそも何者なのか?て人もいると思います!
最近の20代前半の若者にDragon ashって知ってる?と言ってもなんとなくの答えしか返ってこない!し、知らないって人もいたのでここでどんどん広めていこうと思います!
 

Dragon ash メンバー

Vocal Guiter >Kj  
ケイジェイ、降谷建志(ふるや けんじ)
f:id:keiyamamoto413:20170526230535j:plain
作詞・作曲も担当。父は、俳優の古谷一行。Dragon Ashのメンバーとして成功する以前は、親の七光りに頼らずやっていきたいとの理由から、父が俳優の古谷一行という事実を隠し、名字を降谷と一字変えて芸名とした。2008年7月7日にタレントのMEGUMIと結婚。2009年2月6日に長男が誕生。
 
 野村美由希さんのブログでKjさん38歳のバースディパーティの様子が公開された。そこには、とっても仲良しそうなMEGUMI×Kjご夫婦の姿が映っていました
 
この写真の二人実は今度W主演で公開されます。
 
f:id:keiyamamoto413:20170526232158j:plain2017年7月15日に公開をひかえている映画『アリーキャット』は、窪塚洋介と降谷健志(Dragon Ash)がW主演を務めています。不器用に生きる男たちの物語を、男気溢れる2人が熱演。7月の公開が待ち遠しい期待の映画です。あらすじ
元ボクシングチャンピオンのマル(窪塚洋介)と、自動車整備工のリリィ(降谷健志)。ある日、マルが可愛がっていた野良猫がいなくなり、それがきっかけで2人は出会います。一緒に行動するようになった2人は、ひょんなことで、ひとりのシングルマザーからボディガードの依頼を受けます。東京へと向かった2人は、犯罪絡みの事件など様々な出来事に巻き込まれていくのです……。
alleycat-movie.com
青山学院初等部、青山学院中等部、青山学院高等部中退後、代々木高等学校(通信制)に編入学し、卒業。留学経験がある。後のDragon Ashのメンバーとなる桜井誠とは中学時代、BOTSとは高校時代からの同級生。
1996年に桜井誠、馬場育三[注 1]と共にDragon Ashを結成し、同年6月に川崎クラブチッタにて初ライブを行う(この時の客はkjの後輩ら4人ほどだった)。1997年2月21日にアルバム『The day dragged on』でDragon Ashのボーカリストとしてビクターエンタテインメントよりメジャーデビュー。1999年頃よりヒップホップの要素を取り入れ、主にラッパーとして活動。この頃より客演も盛んになり、Sugar Soulの「Garden」、wyolicaの「風をあつめて」、スケボーキングとのEPISODE シリーズなどに参加。また、当時の交際相手であった青山学院時代の同級生、MIHOの歌手デビューを後押しし、自らプロデューサーを務めた。さらに、Dragon Ashが中心となり、ジャンルのクロスオーバーをコンセプトとした音楽イベント「Total Music Communication(通称TMC)」を主催。2001年にユニットSteady&Co.のメンバーとして活動し[注 2]、2003年には音楽プロジェクトnidoを結成。
 
 Dr>MAKOTO SAKURAI 
マコト サクライ、桜井誠(さくらい まこと)
f:id:keiyamamoto413:20170526232632j:plain
Kj、BOTSとは同級生。HIROKIと共にendiveとしても活動している。ライブではMCを担当することが多い。趣味はゲームと料理で料理本を出版しており、ライブやフェスでも「桜井食堂」ameblo.jpとして出店している。最近では単独でパチスロ番組への出演も多くなっており、多くのライターとも共演している(CSフジテレビ1で放送の「パチスロ旅」で射駒タケシと共演他) 
 
Dj>BOTS  
ボッツ、佐藤哲也(さとう てつや)
f:id:keiyamamoto413:20170526233101j:plain
1999年加入。正規メンバーとなる前から、PVやライブに参加していた。近年のステージではターンテーブリストとしてスクラッチを刻むだけではなく、ティンバレスを叩く姿も数多く見られる。サッカーチームではキャプテンを務めている。 
 
Guiter>HIROKI  
ヒロキ、杉山弘樹(すぎやま ひろき)
f:id:keiyamamoto413:20170526233221j:plain
2003年加入。Dt.やstrobo、そして桜井誠とのユニットendiveなど様々なプロジェクトでも活動し、他のアーティストへの楽曲提供やプロデュースワークなども行っている。 
 
Dancer>DRI-V  
ドライブ、千葉雅紀(ちば よしのり)
f:id:keiyamamoto413:20170526233622j:plain
2003年加入。RIP SLYMEの紹介で加入。ヒップホップ、ブレイキン、パントマイムなどダンスのあらゆる要素を独自の解釈で取り入れて活動。「DRI-V DANCE SCHOOL」として都内でダンスインストラクターとしても活動している。 
 
スポンサードリンク
 
 
Dancer>ATSUSHI 
アツシ、高橋アツシ(たかはし あつし)
f:id:keiyamamoto413:20170526233810j:plain
2003年加入。Dragon Ashの曲の振り付けを担当。RIP SLYMEの紹介で加入。2009年、プロジェクト「POWER of Life」を発起。 
 
Bass>IKÜZÖNE 
イクゾーン、馬場育三(ばば いくぞう)
1965年11月1日 - 2012年4月21
f:id:keiyamamoto413:20170526234106j:plain
ピンキー青木が結成したPinky & The Crazy Love MachineやVirusなどで活動後、Dragon Ashのメンバー募集のオーディションにより加入。応募に際して年齢制限があったのだが、IKUZONEは年齢をごまかしてオーディションを受けたそう。2011年5月にとう骨神経まひを発症したが半年間の休養後に復帰。以降、メンバー最年長者としてDragon Ashの活動を支え続けたが、2012年4月21日、急性心不全のため逝去。享年46。Dragon Ash以外では、桜井と共にMotor Headphoneを結成し、YMOのトリビュートアルバムや、PENICILLINの千聖のソロプロジェクトであるCrack 6にも参加した。生前のhideと親交は無く、直接の関わりは無かった。インディーズ時代virus がエクスタシーレコード所属であった為、飲みの席でhideを遠くで見て憧れていた。彼の死後はhideの共同プロデューサーINAと親交が深く、hide ミュージアムにある晩泥酔したイクゾーンが壁に衝動的に芸術的な落書きを書き帰ったりした。腕にはhideの刺青を入れ、アンプヘッドにhide人形を飾っていた。ジャパニーズ・メタルとダイムバッグ・ダレルをこよなく愛していた。 Kjは以下のようにコメントしている。
ギターアンプのいじり方、ドラムスティックの回し方、バンダナの巻き方、女の子の口説き方、そのすべてを教えてくれました。今思えば、俺たちが出会った最初のロックンローラーだったんだね。
その傍らで声を嗄(か)らし歌えたこと、無我夢中にギターをかき鳴らせたこと、両手じゃ抱えきれないくらいたくさんの思い出を共に築いてこられたこと、身が震えるほど幸せでした。
続きは俺が死んだらね。向こうでまたバンド組もうぜ。お疲れ様でした。クソほどお世話になりました。
 
サポートメンバー
Bass>KenKen  
ケンケン、金子賢輔(かねこ けんすけ)
f:id:keiyamamoto413:20170526234553j:plain
父はドラマーのジョニー吉長、母は歌手の金子マリ、兄はドラマーの金子ノブアキという音楽一家で育つ。小学生の頃から、ベースとドラム、ギターを始め、8歳の時に兄が貰ってきたレッド・ホット・チリ・ペッパーズのビデオでベースのフリーに影響を受けて、本格的にベースを練習。15歳の時に、下北沢のライブハウスを拠点にライブ活動を始める。
数々のバンド活動やサポートを経て、2005年、『ベース・マガジン』(リットー・ミュージック)企画のオムニバスCDに参加。2006年4月、兄のいるRIZEに加入。同年6月にコロムビアミュージックエンタテインメント傘下のトライアドからソロ・アーティストとしてもメジャー・デビュー。2011年現在、RIZE,KenKen of INVADERS,SPEEDER-X,WAGDUG FUTURISTIC UNITY,THE STALIN Zや二枚舌などのバンドにて活動している。 FUZZY CONTROLの元メンバーであった。
原発問題・放射能問題についての団体「オペレーション・コドモタチ」の賛同者。
2016年、N高等学校に第一期生として入学。
 
 

New Album 『MAJESTIC』の全容

f:id:keiyamamoto413:20170526235912j:plain

アルバムタイトルの「MAJESTIC」は“威風堂々”の意。
本年デビュー20周年を迎えたバンドが
今作から全面参加となったスーパーベーシストKenKenの力を得て、
強固な絆で結ばれた7人でアルバムの制作を開始し、1年以上の期間を経て遂に完成!

収録は、Kjが作り出した多くの楽曲から厳選された全11曲。
昨年11月にリリースされ3年ぶりの新曲となったシングル「光りの街」
メジャー20周年の記念日である2017年2月21日に配信限定でリリースされた
ゴリゴリのライブチューン「Mix it Up」
そして 3月にリリースされた20th Anniversary Single「Beside You」も収録。

前進することをやめないDragon Ashが
新たに提示する『MAJESTIC』はメモリアルイヤーに相応しい金字塔アルバム

初回完全限定盤に付属するDVDには
チケット入手困難となった2月21日に行われた20周年記念ライブ
“DRAGON ASH 20TH ANNIVERSARY LIVE SHOW
「MIX IT UP」 AT EX THEATER ROPPONGI FEB/21/2017”より
厳選された9曲のライブ映像と、4曲のミュージックビデオを収録。

ライブ映像では、新たなアレンジでよみがえる
20年前のリード曲「天使ノロック」など、20周年記念ライブの為に
特別に選曲された楽曲の中からメンバーが選んだ9曲。
ミュージックビデオは、シングル曲「光りの街」
そして「Beside You」のオリジナルフルヴァージョン。
現在の7人体制行われたフェスやワンマンライブの激熱映像で構成する「Mix it Up 」
バンド初のVRで制作された「Headbang」は特別に編集された2Dヴァージョン。
以上4曲が収録。

ジャケットは今作もデザインはKj 初回完全限定盤は特殊パッケージ仕様!

 

Dragon Ashライブ初披露曲のライブ放送されるのはhuluで!

■番組情報
『TOKYO BEAT FLICK』
#1 Dragon Ash ライブ映像
配信日:2017年6月2日(金)

#2 SPインタビュー映像
配信日:2017年6月9日(金)

#3 Dragon Ash アンコールライブ映像
配信日:2017年6月16日(金)

 


『MAJESTIC』
1:Majestic
2:Stardust
3:Mix it Up
4:Ode to Joy
5:Singin' in the Rain
6:光りの街
7:Headbang
8:Faceless
9:Jump
10:Beside You
11:A Hundred Emotions

■初回完全限定盤 / DVD
DRAGON ASH 20TH ANNIVERSARY LIVE SHOW
「MIX IT UP」 AT EX THEATER ROPPONGI FEB/21/2017
・天使ノロック
・Mix it Up
・Headbang
・Walk with Dreams
・Velvet Touch
・TIME OF YOUR LIFE
・Ivory ・few lights till night
・The Live

Music Videos
・光りの街
・Headbang
・Mix it Up
・Beside You


【初回完全限定盤CD+DVD】
 3,800円(税別) VIZL-1172 特殊パッケージ仕様

【通常盤CD】
 2,800円(税別) VICL-64800

Dragon ash HPより

www.youtube.com

www.youtube.com

Album『MAJESTIC』購入特典
周年イヤーにふさわしい豪華特典を用意!

f:id:keiyamamoto413:20170527000344j:plain

f:id:keiyamamoto413:20170527000405j:plain


■特典1:「MAJESTIC」オリジナルポスター
■特典2:Dragon Ash オリジナルネックストラップ
■特典3:Tour会場 バックステージ招待

 詳しくはこちらまで⇩

www.dragonash.co.jp

ライブ情報

Dragonash Live Tour MAJESTIC Final
2018.1.28 横浜アリーナ 決定!

『MAJESTIC』初回完全限定盤には
CD購入者対象:チケット先行・抽選予約シリアルナンバー封入!
◎先行受付期間:5月31日〜6月19日

www.dragonash.co.jp

 

Dragon Ashライブ初披露曲のライブ放送されるのはhuluで!

そしてなんと!なんと!

f:id:keiyamamoto413:20170527000809j:plain


Dragon Ashが、日本テレビとオンライン動画配信サービスHuluの共同プロジェクトによる音楽番組『TOKYO BEAT FLICK』の第2弾に登場する。

◆『TOKYO BEAT FLICK』画像

『TOKYO BEAT FLICK』は、動画配信に特化した音楽プログラムとして2016年10月よりスタートしたライブ番組。毎回さまざまなゲストが登場し、番組オリジナルのセットリストによるスペシャルライブが展開される。

Dragon Ashは今回、メジャーデビュー20周年の記念日に発表された「Mix it Up」やライブチューン「Headbang」、さらにこの日がライブ初披露となる新曲3曲も含む最新楽曲群を携え登場。オーディエンスのモッシュ&ダイブも続出の、圧巻のステージが繰り広げられた。番組では、当日のライブの模様が全曲フルサイズ、MCもノーカットで配信される。

Dragon Ashと『TOKYO BEAT FLICK』の前田直敬プロデューサーは、配信開始に際して次のようにコメントしている。

   ◆   ◆   ◆

■Dragon Ash コメント

『TOKYO BEAT FLICK』は、ライブをしっかりやらせてもらえ、自分達のバンドを表現できるので、今回出演を決めました。同世代のリスナーはもちろんですが、動画配信サービスを通じて一つ下の世代、新たな年齢層に伝えられたらいいなぁと思っています。Huluで「Dragon Ash」のライブを体験してもらい、ライブハウスに見に行こうって思ってもらえたら嬉しいです。

   ◆   ◆   ◆

■前田直敬プロデューサー コメント

司会者なし、ゲストなし、1アーティストのLIVE1本勝負の音楽コンテンツ!
『TOKYO BEAT FLICK』第2弾は、ロックシーンで唯一無二の輝きを放つモンスターバンド、「Dragon Ash」の登場です。
2014年1月19日、「地上波音楽番組の奇跡」と言われたLIVE MONSTER出演から約3年半…
あの時と同じスタジオで、あの時を超える、凄まじいLIVEが実現しました!
(2014年のことは、今回のライブMCでもしっかり語られています)
アーティストもオーディエンスもスタッフも、ガチでぶつかり合った結果生まれたマグマのようなエネルギーを放出する「瞬間の美学」を、全ての方に、お好きな場所で、お好きな時間にスマホ・タブレットでお楽しみいただければと思います。
そして“絶対ここでしか観られない”ライブ映像をお届けする「TOKYO BEAT FLICK」の今後にも是非ご期待ください。

   ◆   ◆   ◆

ライブ本編の模様は、Huluにて6月2日(金)より配信。さらに、予定外だったというアンコールで披露された「The Live」、そしてメンバー7人のインタビュー映像が毎週金曜日、計3週にわたって追加配信される。

f:id:keiyamamoto413:20170527000830j:plain


(C)NTV

■番組情報
『TOKYO BEAT FLICK』
#1 Dragon Ash ライブ映像
配信日:2017年6月2日(金)

#2 SPインタビュー映像
配信日:2017年6月9日(金)

#3 Dragon Ash アンコールライブ映像
配信日:2017年6月16日(金)

BARKSから抜粋

 

Dragon Ashライブ初披露曲のライブ放送されるのはhuluで!

■番組情報
『TOKYO BEAT FLICK』
#1 Dragon Ash ライブ映像
配信日:2017年6月2日(金)

#2 SPインタビュー映像
配信日:2017年6月9日(金)

#3 Dragon Ash アンコールライブ映像
配信日:2017年6月16日(金)

 

もっとDragon Ashのこと知りたい!って人はこちら

keiyamamoto413.hatenablog.com

 

まとめ

バンドというものは生き物であり、いろんな形に成長していく過程が素晴らしいですね。そこにはいろんな人間模様がうつしだされるのでおもしろく、美しいと思います。自分ももともとインディーズバンドからDJに変わったので非常にバンドというものに執着があります。

そもそも一つの音楽を全員で作るんですから自分以外の才能も入れて混ぜていく。

今回Dragon ashを記載しましたが、このバンドはいろんな曲の雰囲気が作れるのと、その種類が今キッズ達が聞いているジャンルから、私みたいに30代後半が以前ガキの頃に聞いていたジャンルまで幅広く作ってくれる。そんなバンドが今の時代には必要なんだと思います。

一つのジャンルだけになると飽きますからね。

ゴツゴツした男らしい曲からセンチメンタルな曲まで作れるDragon ashはもっともっと今後もかっこいい曲を作ってくれる。そんな気がします。

それも今回のアルバムを聞いて核心しました。youtubeでのPVを見るとそんな気がします。好きすぎてちょっとアレンジしたKjさんと同じ髪型になりました 笑

自分が大学時代は「陽はまたのぼりくりかえす」のPVを見てスパイラルアフロヘアーで同じ髪型にしました。笑

PV

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

このPVは自分が観たいところにカメラが操作できるという優れたPV!

Dragon ash抜け目ないですね!

www.youtube.com

www.youtube.com

スポンサードリンク