KEI YAMAMOTO がKEYになったKOTO

会社員している傍ら音楽制作のお仕事もしております。 たまにDj活動しております。 このブログは自分がとにかくKEYになったKOTO(気になった事)をどんどん書いていこうと思っております! その情報がみなさんの日々の生活に楽しいオプションとしてひとつでも増えたらいいなと思っております。ぜひとも今後とも応援をよろしくお願いします。

見逃し配信サービス(動画サービス)って結局どれがいいの?私のオススメ5選!!

最近、見逃し配信ってかなり聞きません?

自分のブログでもかなり宣伝していますが、現代ではテレビの放送をテレビで見る人はかなり減ってきていますね。

「この時間になったらあの大好きな番組が始まるから見ないと!!!」

って言う感じの子供時代でした。

かなりのテレビっ子でした。

スマホでもタブレットでもPCでもどこでも前回放送したテレビ番組の内容を見れるようになったのはここ最近ですね。

そう!それが「見逃し配信」!

 

目次

スポンサードリンク

 

 

見逃し配信(動画サービス)が始まる前と始まってから

でも、その見逃し配信だけでは視聴者は飽きてしまうので、映画や海外ドラマやアニメなどなど見れるようになっています。

昔よくTSUTAYAで一気に海外ドラマの全話を借りて、休日に一日中見ていた時期もありましたね。

俗に言う「一気見!」という技ですね!

でもそうなるとかなりのお金がかかりました。

しかし今は、月額もしくはさらに追加料金を払えば誰でもどこでも見れる!

これだけこの文章で伝えてもまだ、

「見放題といっても有料だからなー。自分には関係ないな。」

と思っている人もいるでしょう。

それはなぜか?最近は海外のサイトなどに勝手に配信されているので見れると思っている人ですね。しかし、サイト側の運営で削除されますし、画質が悪く見れたものではありません。

であれば、お金を払って最高画質の状態、ちゃんとそこにその動画が置いてある。さらに目的のものを見ようとしていたけど、他にもいろいろあるから一話だけ観て面白かったら続きでも観ようなど、冒険もできるため映画やドラマの視野が広がる!

自分のオススメの見方としては、有名な海外ドラマではないので、見たこともない役者陣です。

  有名な役者であれば必ず最後まで生き残るし、絶対かっこいいことをする。

しかし、そんなに有名ではない役者の役どころは計り知れない。

先が読みにくいためハラハラ・ドキドキしてしまうんです。

あとは、かっこいい役者、かわいい役者を自分で見つけていく面白さ。

気になるのでその役者を検索しますが、そんなに有名で無いため情報が少ないのでかなり希少価値が高い感覚になります。

そんな応援していた役者がメジャーの映画に出演すると親心なのか、よくここまでがんばってきたねと思ってしまうこのファンの感覚になるのがたまらない。

特に最近では、この

 

f:id:keiyamamoto413:20170524205144j:plain

 

「ターザンreborn」の映画の主人公

アレクサンダー・スカルスガルド

はもともと

 

f:id:keiyamamoto413:20170524205431j:plain

 

海外ドラマの「True Blood」全シーズン

に貴重な役として演じていました。

どっぷりこの海外ドラマにハマっていましたね。本当面白かった。

今度この内容をブログに記載しておきます。

ただ、このドラマは過激すぎますので見る時は覚悟を...

気になる方は、現在Huluで見れますー!

こちらから

 

 このように、いろんな動画サイトを見ていろんな世界が楽しめます!

でもこうなってくると、どのドラマがどこで見れて、いつやってるのか?自分の気になっている映画やドラマはどれで見れるの?

そう思っている人いらっしゃると思います!

そこでこれ!

 

f:id:keiyamamoto413:20170524210039p:plain

JustWatch←ここから

 

このアプリがあると、動画配信サービスの横断検索で観たい映画やテレビ番組を簡単に探せます。ジャンル、公開年など充実した検索項目で複数の配信サービスの横断検索が可能に。各配信サービスの新着コンテンツ一覧も便利です。もちろん、観たい映画や番組のタイトルから検索することもできます。今夜ご自宅の上映会にピッタリな映画にきっと出会えるってことですね!

 

では見逃し配信、動画配信サイト、私のオススメ5選をご紹介しましょう!

 

hulu(フールー)

ここからhuluのサイトへいけます⇩

 

日テレの子会社であるhuluで過去の番組も視聴可能。

国内では動画配信サービスの先駆け。米国発のサービスだけに、とりわけ海外ドラマのコンテンツ数は最上位クラスの品揃えとなっています。国内会員数は150万を超えています。

国内事業が日本テレビに買収されたこともあり、国内のテレビ系コンテンツが充実。日テレだけでなく、TBS・NHK・フジテレビをはじめとした主要キー局の人気番組をカバーし、テレビ放送とほぼ同時の見逃し配信も多くなっています。アニメに関しても比較的豊富なラインナップで、今後のコンテンツ拡充にも期待できそうなサービスといえます。

 追加料金がかかるペイパービュー(PPV)はなく、コンテンツは完全見放題。ほぼ全コンテンツがHD画質で楽しめるなど、このあたりの安定感はさすがです。テレビ機器からスマホ、タブレット、Chromecast、Fire TV、ゲーム機まで多くのデバイスに対応しますが、同一アカウントで同時に複数デバイスによる視聴はできません。ダウンロード機能はなし。無料トライアル期間は他サービスに比べてやや短めに設定(2週間)されています。
2017年5月に大幅リニューアルが実施され、スマホやタブレットのアプリ版/ウェブ版、テレビ向け、ゲーム機向けなどデバイスごとに最適化されたデザインに進化。また、これまでパソコンでしか視聴できなかった音楽ライブやスポーツ、FOXチャンネルなどのリアルタイム配信が、スマホやタブレットからも見られるようになりました。キッズ作品のみ表示のアクセス制限に対応し、ファミリーでも安心して使えます。

最近では、リニューアルのためいろんなトラブルがありましたが今では私は通常通り見れます!

 

■変更点

1.あなたに合った作品に出会える

>出演者名での県s買うや絞込機能によって様々な探し方が可能に。

 

2.リアルタイム配信がモバイルでも視聴可能に

>音楽やスポーツ中継、ニュース、FOXチャンネルなどが、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットでも視聴可能に。

 

3.家族ひとりひとりに合わせて使い分け

>視聴履歴やお気に入りを個別に設定でき、家族でも楽しめるマルチプロフィール

 

4.キッズページで安心

>12歳までのお子様のプロフィールでは、キッズ作品のみが表示されて他の作品へのアクセスが制限されるため、お子様の使用も安心。

 

5.通信容量がわかるので外出先でも安心

>再生するコンテンツごとに画質選択ができ、さらに通信容量の目安も表示されるので、外出先でも安心。

  • 月額料金:933円(税別)
  • 総コンテンツ数:4万以上
  • 画質:SD/HD
  • 個別課金(PPV):なし
  • 無料お試し期間:14日間

詳しくはこちら

 

U-next(ユーネクスト)

ここからU-nextのサイトへいけます⇩

 U-NEXT

 

 2007年に提供開始した「U-nextは、国内の動画配信サービスでも古参の存在。月額料金は1990円と他サービスに比べて少々高めですが、映像コンテンツ数で12万以上(dTVに匹敵)を取り揃えるほか、料金内で70誌ほどの雑誌が読み放題となっています。

作品の配信タイミングも早く、更新頻度が高いのも特長。新作を中心に個別課金の必要なPPV作品も少なくありませんが、定額料金内で毎月付与される1000ポイント(1ポイント=1円分)での視聴もできるので、他サービスでは見られないような人気作品も月に2~3本ほど楽しめます。また、サービス内で貯めたポイントが映画チケットの割引に使える「イオンシネマWebスクリーン」といったサービスもユニークです。
映像の画質は基本フルHDで、クリアで見やすい印象。視聴可能デバイスも、ほとんどのものを網羅します。子アカウントを無料で3つまで追加し、最大4ストリームでの視聴がおこなえる「ファミリーアカウント」も便利です。スマホとタブレットに限って、コンテンツをダウンロードしてオフライン再生する機能も用意されます。

最近ではUIを刷新したほか、4Kコンテンツの配信も開始するなど、老舗サービスながらも日々進化している印象。少々お金を出しても新作やアダルト、雑誌もいろいろ見たい、という旺盛なユーザーにオススメできるサービスです。

  • 月額料金:1990円(税別)
  • 総コンテンツ数:12万以上
  • 画質:フルHD/4K
  • 個別課金(PPV):あり
  • 無料お試し期間:31日間

詳しくはこちらから

 

そして最近Keyになっているこちらの動画配信サイト

 

フジテレビオンデマンド(FOD)

ここからフジテレビオンデマンドのサイトへいけます⇩

 

 

なんとここの動画配信サイト。独占欲の塊ですね!

フジテレビと名前がついてるぐらいですからね!

なんとここのサイトは日本人のための日本人による日本人だからこその動画配信サイト!

FODプレミアムの見放題動画数は約900本と少ないですが、

そのうち250本以上の国内ドラマは、他社動画配信サービスでは見れないドラマばかり。かなりここで狙ってる感ありますね!

北の国から、古畑任三郎、BOSS、大奥、ナースのお仕事、ガリレオ、

ショムニ、最後から二番目の恋、リッチマン、プアウーマン・・・

フジテレビの名作ドラマは、他社VODではレンタル視聴すら不可能なんです!

今ならちょうど昼顔!!の映画始まりますね!

前作を見るためには???どこで見ればいいの?!?!

ここです.....。この動画配信サイトでしか見れません。

 

keiyamamoto413.hatenablog.com

 

ちなみに、見放題コースを選択した場合でも、

ポイントチャージは可能なので、見放題以外の動画や電子書籍の購入は可能。

FODプレミアムなら毎月100円分のボーナスポイントも貰えます。

 

アニメ限定の「アニメ見放題コース(旧 ノイタミナ見放題コース)」は月額350円。

U-NEXTやHulu、Netflixでも視聴できるノイタミナ作品は有りますが、

見たいアニメが有るなら、コスパは全然悪く無いと思います。

アニメしか見ないなら、月額350円でアニメ見放題コースを選択して、

必要に応じて、単品購入でフジテレビ動画を楽しむって方法もいいですね。

さらに雑誌の見放題も付いてきますのでお得感丸出しです!

  • 月額料金:888円(税別)動画見放題の「FODプレミアム」その他コースあり
  • 総コンテンツ数:900
  • 画質:HD(720p)
  • 個別課金(PPV):あり(毎月100円分のポイントプレゼント)
  • 無料お試し期間:申込日から月末までが無料トライアル期間(※)

※毎月1日に課金開始

雑誌もこの料金で見放題だけどダウンロードができない、対応端末はパソコンとスマホとタブレットのみ、コンテンツが少い。など欠点はありますが、一番のポイントはやはりこの視聴率よかったフジテレビの番組の過去作品を網羅できるってとこですね。

 

詳しくはこちらから

 

dTV(ディーティービー)

ここからdTVのサイトへいけます⇩

実は「dTV」の運営は、エイベックス通信放送(ドコモとavexの合弁)がおこなっています。そのサービス名から、ドコモユーザーしか使えないサービスと勘違いされがちですが、2015年4月のキャリアフリー化によって現在は誰でも利用でき、500万を超える会員数は国内最大と謳っています。

 

 スポンサードリンク

 

月額500円と料金がかなりリーズナブルながら、コンテンツ数は12万以上で国内トップ、というより群を抜いた品揃えです。ジャンル別でみても、映画を筆頭にコンテンツ数で他を圧倒していますが、一部は個別課金が必要な作品(PPV)もあります。
BeeTV開局から7年を経て、膨大な視聴データをもとに日本人の嗜好に合った作品を制作したり(有力な邦画作品と連動したオリジナルのスピンオフドラマなど)、J-POPアーティストのライブ生配信やMVなどの音楽コンテンツ、日本アニメの積極的な配信も魅力となっています。

画質はSDまたはHD。様々なデバイスに対応しますが、ゲーム機には非対応。ただし、dTVターミナルという専用テレビ視聴デバイスも用意されるほか、Apple TVもサポートしています。ダウンロード機能(オフライン再生)が提供されている点も、外出時に視聴する機会が多いユーザーにとって嬉しいところです。

  • 月額料金:500円(税別)
  • 総コンテンツ数:12万以上
  • 画質:SD/HD
  • 個別課金(PPV):あり
  • 無料お試し期間:31日間

 詳しくはこちらから

 

auビデオパス

ここからauビデオパスのサイトへいけます⇩

auユーザーなら検討したい動画配信サービスが「au ビデオパス」です。KDDIとJ:COMがグループ会社の関係にあることもあり、国内の映像作品の充実度には定評があります。毎月1本、通常レンタル対象の最新作が追加料金なしで楽しめるほか、スマホやタブレット、PCはもちろん、テレビの大画面(Chromecastなどを経由)でも視聴できます。
見放題プランの月額料金は562円(税別)。ちなみにauビデオパス会員なら、TOHOシネマズやユナイテッドシネマズ/シネプレックスの映画鑑賞料金が割引となる特典も受けられます。初回入会時は30日間無料で利用できるので、まずはお試しするのもアリでしょう。

 

詳しくはこちら

 

まとめ

さてどうでしたか?

まだまだこれ以外にもNetfliexやamazon prime videoなどなど定額制の動画配信サービスは他にもたくさんあります!

こういうサービスがでる以前は映画一本見るのにレンタルするためにお店に借りに行く努力が必要だったけど、今はそこにデバイス、pc,タブレットがあれば観れる楽さ。

そしてさらに見放題という点から逆に自分の時間を考え始めるようになりました。

本当に今からこの映画見て有意義な時間として使えるのだろうか?

そうなってくると見放題も見放題じゃない感覚になりますね。

利点としては面白くなかったら速攻見なくても見放題なので損した気持ちにはならないのでいいですね。

今後もこのオススメ動画サイトは見続けていこうと思います。

また面白いことが分かったらここに記載していきたいと思います。

 

 スポンサードリンク